2012年3月30日金曜日

すべてのフォルダーを表示する

ナビゲーション ウィンドウの表示方法で「すべてのフォルダーを表示する」というオプションがあります。

フォルダーオプションから設定
フォルダーオプション
ナビゲーションペインのメニューから設定
ナビゲーションペイン

名前から判断して使っていない場合も多いと思いますが、実はこれ地味ながらかなり有益で下のように表示されるようになります。

すべてのフォルダーを表示する

お気に入りデスクトップがルートに表示されるようになります。

作業やダウンロードはデスクトップで行い、完成したら所定の場所にアーカイブ。という使い方の場合に適しています。

セーブ画面でデスクトップを探す必要がなくなりますし、よく使うフォルダーはお気に入りに配置しておけばすぐにアクセスできます。

レジストリからも設定できますが、エクスプローラーの再起動が必要な為、あまり意味がありません。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced]
"NavPaneShowAllFolders"=dword:00000001

2012年3月26日月曜日

ATOK2012のUpdateを統合

ATOK 2012 のインストーラーにパッチを統合してみました。

アップデートモジュールは64ビットと32ビットで分かれています。

64ビットOS用 : at25up1x64.exe
32ビットOS用 : at25up1x86.exe

自分はx64なので、at25up1x64.exeをダウンロード。

1. 元のインストーラーをCドライブに展開します。

ファイル名を指定して実行

msiexec.exe /a "Z:\ATOK\ATOK25x64.msi" TARGETDIR="C:\ATOKx64" /qn+

インストーラーをCドライブに展開

インストールメディアのATOK25x64.msi(ATOK25x86.msi)までのフルパス
展開先です。約331MB あります。

ATOK 2012 のセットアップが正常終了しました。 2. at25up1x64.exeをCドライブに展開します。

ファイル名を指定して実行
%USERPROFILE%\Desktop\at25up1x64.exe /T:C:\ /c

at25up1x64.exe までのフルパス展開先です。

Cドライブの状態
ATOKx64 ,setup.exe
3. アップデートを統合します。

ファイル名を指定して実行
msiexec.exe /a "C:\ATOKx64\ATOK25x64.msi" /update "C:\at25up1x64.msp" /qn+

統合が出来上がりました。
C:\ATOKx64\ATOK25x64.msi を実行してインストールを開始します。

2012年3月24日土曜日

2012年3月19日月曜日

「すべて選択」を付ける

あれっ?なかったかな??
右クリックメニューに「すべて選択」を付けてみました。
「すべて選択」メニュー
レジストリ キーを作成。
HKCU\Software\Classes\Directory\BackGround\shell\SelectAll\command

HKCU\Software\Classes\Directory\BackGround\shell\SelectAll\command

SelectAll キーを選択して、MUIVerb (文字列値)を作成。
値のデータを @shell32.dll,-31276 にします。
"MUIVerb"="@shell32.dll,-31276"

command キーを選択して、DelegateExecute (文字列値)を作成。
値のデータを {aa28fbc7-59f1-4c42-9fd8-ba2be27ea319} にして完成
DelegateExecute={aa28fbc7-59f1-4c42-9fd8-ba2be27ea319}

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\BackGround\shell\SelectAll]
"MUIVerb"="@shell32.dll,-31276"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Directory\BackGround\shell\SelectAll\command]
"DelegateExecute"="{aa28fbc7-59f1-4c42-9fd8-ba2be27ea319}"

HKCUHKLMにすると、全てのユーザーが対象になります。

元に戻すには追加したキーや値を削除します。

2012年3月18日日曜日

2012年3月15日木曜日

ファイルを1つ上の階層に移動

ファイルやフォルダーを1つ上の階層に移動する機能を、右クリックメニューに追加する方法です。

「ファイルを上の階層に移動」のメニューを追加

複数のファイルやフォルダーの移動が可能です。
ドライブのルートより上へは移動しないようになっています。
移動先に同名のファイルがある場合は選択肢がでます。

2012年3月9日金曜日

OptiPNGをシェルに統合

OptiPNGはPNG画像を再構築して劣化なしに小さくするソフトウェアです。
他にも機能がありますがPNGの最適化を右クリックメニューに追加してみました。

OptiPNGをシェルに統合
  1. C:\Windows\System32optipng.exe を配置します。

  2. レジストリキーを作成します。

    HKCU\Software\Classes\SystemFileAssociations\.png\Shell\OptiPNG\Command

    Commandキーの既定を設定
  3. Command の既定の値を、optipng.exe "%1"にして完成です。

複数のPNGファイルを一度に処理することもできます。

このままでも充分実用可能ですが、-preserve (Windowsの属性を維持する) -strip all (チャンクを削除) オプションを追加して、 メニューの表示とアイコンで体裁を整えてみました。

PNGの最適化
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\SystemFileAssociations\.png\Shell\OptiPNG]
@="PNGの最適化"
"Icon"="imageres.dll,-113"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\SystemFileAssociations\.png\Shell\OptiPNG\Command]
@="optipng.exe -strip all -preserve \"%1\""


OptiPNGキーの既定の値でメニューを好きな表示にできます。

上書きせずに元のファイルを残すには、-backup オプションを付けます。
例 : optipng.exe -backup "%1"
ファイルに変更がない場合はバックアップは作成されません。

その他のオプションについては、ダウンロードしたZipファイルの中にあるドキュメントに載っていますので、必要に応じて設定できます。

元に戻すには今回追加したキーや値を削除します。

2012年3月8日木曜日

2012年3月2日金曜日