2007年4月20日金曜日

Windows Media Player 11

Windows Media Player 11 (64 ビット用)をインストールしてみました。

Windows Media Player 10には64ビット専用が無かったので、楽しみにしていました。

しかし、色々なコーデックのおかげで、動画はほとんど全てWMP(Windows Media Player)で見ているので、それらが動かないと他のPlayerを使わなければならなくなってしまいます。それで、今まで躊躇していましたが、魅力に負けインストールすることにしました。2つほどセキュリティパッチがでているので、どうせなら最新のものをと思い、Microsoft ダウンロード センターを探しましたが、やはりありません。後からアップデートするしか無いようです。

開始

 ―――結構時間がかかります。余談ですが、WMPは意外とSystemに密接していて基本的にアンインストールできません。10から11にアップグレード後、11をアンインストールすると10にロールバックします。10は消せません。

インストールが一区切りすると、初期設定画面。ここでの設定は全てWMPから後で変更できますが、拡張子の関連付は元に戻すのに手間がかかるので【カスタム設定】で動画の拡張子だけを選択して終了。10と同じです。

早速、いろいろ再生してみました。

WMPがサポートしている拡張子は問題ありませんでしたが、そうでない拡張子、たとえばFLVはWMPにD&D(ドラッグアンドドロップ)しても、カーソルが禁止マークになって受け付けてもらえませんでした。しかし、右クリックからOpen withでWMPを選択すると、警告ダイアログのあとで再生できました。その後は他の未サポートの拡張子もD&DかWMPに関連付けて警告なしで再生できるようになりました。

コーデックの方ですが、DivX, Real Alternative, QuickTime Alternative, ffdshow, FLV Splitter,MatroskaSplitter と問題ありませんでした。今までどおり動画を見られています。

ExploreでDivXのサムネイルが見られなくなりました。共通の新しいAVIのアイコンで表示されます。

スピーカのデバイスドライバのDefaultが変わっていました。最初、音が小さくてあせりました。

見た目が洗練されてかっこよくなり、起動が高速になりました。ほんとに速いです。

再起動したら、また初期設定画面が出てきたのは愛きょうとして…


大満足です。 \(^_^)/


もっとも、私は動画の再生にしか使わないので他の機能のことはよくわかりません。

ITmediaさんで詳しくReviewされていました。色々な機能があるのですね。

2007年4月19日木曜日

Windowsのお掃除 - 2 -

TEMPファイルを削除する

次は、以前から気になっていた、TEMPファイルです。
もっとも、%TEMP%や%TMP%は別のゴミパーティションに設定してあるので、それ以外の、~.tmpの拡張子のファイルです。
検索BOXに、"*.tmp"と入力して、検索開始 ~でるわ×2。
全て選択→プロパティ…

3.5Gbytesもありました。


いくらTEMPファイルとはいえ「読み取り専用属性」が付いているものもあるので迷っていましたが、削除する決心がつきました。TEMPファイルなどバックアップしてもしょうがないと思いましたが、なんとなくバックアップして、さきほどの検索BOXから削除!
あれ?全部消えた??、たしか読み取り専用属性やSYSTEM属性、使用中のファイルもあったはず?

まあいいや→再起動。


もう一度検索してみますと一部は復活していましたが

100Mbytesになりました。


ものすごく、スッキリしました。いまのところ不具合はでておりません。
あと、検索画面ではFONTフォルダにも、~.tmpがありましたが、FONTフォルダ自体には確認できませんでした。検索画面から削除はできるのですが、今回はそのままにしておきました。

2007年4月17日火曜日

Windowsのお掃除 - 1 -

SP2のバックアップファイルを削除する

SP2をインストール後、Cドライブを見てみると、13Gbytesもありました。
Hotfixをダイレクト統合したインストールCDを使い、インストール直後の容量は5Gbytes程度だったはず。プログラムやデータは別ドライブに保存しているので、Cドライブは、ほぼシステムのみ。
Vistaの導入も考えて、20Gbytesにパーティションを設定していたので、特に問題は無いのですが、あまりにも大きすぎます。
そこで、Windowsを見直してみることにしました。


SP2は[プログラムの追加と削除]から削除できるようにインストール時にバックアップを作成します。SP2をアンインストールすることなどほぼ無いので、まずは、これを削除することにしました。

バックアップファイルは
C:\WINDOWS\$NtServicePackUninstall$

にあります。フォルダオプションで【隠しフォルダを表示する】にチェックをいれると見ることができます。
なんと! 900Mbytesもあります。XPだと通常は200Mbytes位だそうです。 念のためフォルダごと圧縮してバックアップ、そして

削除!

続いて、[プログラムの追加と削除]に残る、アンインストール情報を削除します。

レジストリエディタから以下のキーを探してエクスポートしてバックアップ後、削除!

XPx64
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows x64 Service Pack

XPだと HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows XP Service Pack
2000だとHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows 2000 Service Pack
になると思います。

これで、約900Mbytesのダイエットに成功しました。



2007年4月15日日曜日

SP2がインストールできません - Access is denied -

Windows XP Professional x 64 EditionにSP2がインストールできません…。

別のパーティションにテスト環境を作ってあるのですが、そのWin XP x64にSP2を適応したところ、すんなりと完了。さてとメインで使っているWin XP x64にもインストール…

Access is denied
Service Pack 2 installation did not complete.

ロールバックされてしまいます。
ネットで調べながら再インストールすること10数回
結論としては有用なページを見つけてインストールできたのですが、随分かかりました。

参考にさせていただいたWebサイト

マイクロソフト サポートオンライン
Windows XP Service Pack 2 のインストール時に、アクセス拒否のエラー メッセージが表示される
Windows XP ベースのコンピュータで詳細ログを有効にする方法
Windows Server 2003 Service Pack 2 の Readme(コマンド ライン オプションについて)
Windows.FAQ
Windows 2000/XP を標準のセキュリティ設定に戻すには?

レジストリのアクセス権がないことが原因らしいです。まず、更新の妨げになっているレジストリを見つけるために、詳細ログを有効にするのですが、何度やっても通常のログしか出てきません。ネットで検索してもさっぱり判らなかったのですが、ひょんなことから見つけました。

%windir%\updspapi.log

に在りました。…orz

Setting registry value HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Classes\Internet.HHCtr
Error 5: Access is denied.

とありましたので、そのキーのアクセス権を変更。いざ再インストール!


Access is denied



Setting registry value HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Classes\Internet.HHCtrl.1
Error 5: Access is denied.


このままでは、あと何十回繰り返せばいいのか判りません。

そこで

HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Classes\

のAdministratorsとSYSTEMの権限をFull Controlにしました。結果……

成功しました!

のべ2週間、20回ほど繰り返しました。

しかし、Full Controlにして大丈夫なのでしょうか?よくわかりません(--;)

んーでも、同じ症状の方の役に立てば嬉しいです。

2007年4月6日金曜日

手放せないソフトウェアたち

Proxomitron

WEBページから、わずらわしい広告を消したり、勝手に送信されるパソコンの情報を隠匿することができます。Proxomitron-J で公開されています。レジストリを使用しないので、お手軽に試せるのですが、少し難しいので、とりあえず動かすところまでを書きたいと思います。

ProxN45j.zipをProgram Filesフォルダなどに解凍します。
【コントロールパネル】→【インターネットオプション】→【接続タブ】を開きます。
【LANの設定】で【プロクシサーバーを使用する】のチェックボックスをチェック、少し右下の【拡張設定】ボタンが押せるようになるのでクリック【全てのプロトコルで同じプロクシを使用する】のチェックを外す。
一番上のHTTPの横に localhost その横に 8080 と入力します。Proxomitron.exeを起動します。

これで準備完了です。
以後、Proxomitronを起動しないとWEBページが見られなくなります。私はスタートアップに入れています。

多くのWEBページは広告の収入によって成り立っているので、ややアングラ的な扱いをされてますが非常に優秀なソフトで愛用者も多いです。