2010年10月29日金曜日

CCleaner 3.00.1303

メジャーアップデートで64-bitにNativeに対応しました。
Ver. 2.36 (32-bit)からアップデートしましたが、問題ありませんでした。

CCleaner(本家)
CCleaner(日本語) - FileHippo.com

インストール場所を変更する場合は、インストールオプションから詳細設定を選択します。少し気がつきにくいです。

インストールオプション

Windowsのクリーニングツールです。
レジストリクリーナーは、かなり軽めの設定で安全性を保っています。


軽め = 性能が悪い ではなくて、なかなか万人向けのクリーナーはむずかしいです。

例えば、自分は、MUI や フォルダの表示情報などは、バッサバサ削除していますが、ある種の履歴だけは便利なので残しています。また、フォルダの表示情報を大切にしている方もいるでしょう。

CCleaner はそれらをある程度選択できるし、おそらく不要だろうという項目をデフォルトに設定してあるので、初めてでも使いやすいと思います。


ただ少しだけ不満な点があります。
CCleaner 自体がレジストリを使用します。

現在はレジストリを使用しない、CCleaner - Portableも提供されています。

過去には、とんでもなく多くのレジストリを登録して、本末転倒になったバージョンもありました。
今は、目くじらを立てる程の登録ではないですが、削除してみました。


2010年10月22日金曜日

Javaが必要と言われたら

ブラウザやアプリケーションから

「Javaが入っていないためこのページを表示できません!」
「このアプリの動作にはJavaが必要です。」
「もうなんか、あんたダメダメ!」

と言われ泣きそうになったら、Javaをインストールすれば全て解決します。

Javaが必要と言われたら SVG Logo - Nonsubject

ORACLE(日本)からダウンロードするのが筋ですが、FileHippo.com からのがわかりやすいです。

Java Runtime Environment 1.6.0.22 (32-bit)

64bit版Windowsの場合も32bit版でいいです。

64bit版Javaもあるのですが、現状ほとんど使い道がありませんし、同時にインストールできるので後から追加することができます。

 32bit版Windowsには64bit版はインストールできません。

プラグインがインストールされるので、ブラウザは閉じておき、jre-6u22-windows-i586.exe を実行してインストールします。

インストール先を指定することもできます。javaja1
指定しないと本体は、C:\Program Files\Java にインストールされます。

Java ソフトウェアのインストール状況の確認
から確認できます。


2010年10月19日火曜日

2010年10月17日日曜日

自動整列を無……… ( ̄ω ̄;) モーイイヤ

自動整列を無効にするもう一つの方法ですが…。デフォルトが有効な状態になります。
arrange1
まずまず、使えない事もないと思います。

HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
FullRowSelect (DWORD)を作り、値のデータを0に。

HKCU\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags
キーを削除して再起動。

デスクトップにフォルダーを作り、表示などをお好みに設定して閉じます。

先ほどのBagsキーに数字のキーが1つできているはずですので、そこから、Shell{5C4F28B5-F869-4E84-8E60-F11DB97C5CC7}
({5C4…のところは変わっている場合があります。)
{5C4F28B5-F869-4E84-8E60-F11DB97C5CC7}
FFlags 値を開き、値のデータを43000000にします。クリックで拡大します
最初に作ったフォルダーを開き、ツール → フォルダーオプションから表示タブの一番上のフォルダーに適用をクリックします。フォルダーの表示
右クリックメニューから自動整列を無効にできます。
オプションでは「この種類の…」となっていますが、他のフォルダータイプも無効にできます。

arrange4

2010年10月16日土曜日

Windows7でファイルの自動整列を無効にする2

以前の方法を少し改良して、フォルダータイプのテンプレートを必要最小限の設定にしてみました。
あくまで個人的に使用している設定です。
特に自分はShellキーから削除していますが、Shell\Bags キーを削除するのが一般的です。

The Winhelponline Blog さんが、設定用Regファイルを公開してくれているので、実際にカスタマイズする場合はそちらがいいと思います。
現在のフォルダーの表示設定(大きさや並び順)は削除されます。

disable auto arrange.reg

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced]
"FullRowSelect"=dword:00000000

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell]
"FolderType"="NotSpecified"
"KnownFolderDerivedFolderType"="{57807898-8C4F-4462-BB63-71042380B109}"
"SniffedFolderType"="Generic"

; Generic Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{5C4F28B5-F869-4E84-8E60-F11DB97C5CC7}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Documents Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{7D49D726-3C21-4F05-99AA-FDC2C9474656}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Pictures Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{B3690E58-E961-423B-B687-386EBFD83239}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Music Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{94D6DDCC-4A68-4175-A374-BD584A510B78}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Videos Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{5FA96407-7E77-483C-AC93-691D05850DE8}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001


FFLAGSの説明で関係がありそうなものです。

AUTOARRANGE 自動整列ON
SNAPTOGRID 等差間に整列(未サポートになっていますが動作します)
FULLROWSELECT 詳細表示で全ての列を選択FullRowSelect
NOCOLUMNHEADER カラムを表示しない
NOHEADERINALLVIEWS 詳細表示のみカラムを表示
EXTENDEDTILES 拡張メニューを表示DisAutArng2

FullRowSelect はここで無効にしないと、フォルダーフラグが立ってしまうので(Fflags = 0x43200000)、一緒に設定にしてあります。

"FolderType"="NotSpecified"で自動フォルダタイプを無効にしています。

Bag 値をいったん削除しないと、新しいフォルダーを開いても、自動整列がデフォルト(Fflags = 0x43000001)になってしまいます。

Modeの説明

Mode値がないと、(fflags = 0x43000011) になってしまいますので、mode = 1 でアイコン表示にしてあります。
Logicalviewmode値は、mode値で自動的に設定される(逆は否)ので省きました。

ColInfo値でカラムに表示される内容を設定できますがデフォルトにしてあります。


ライブラリを何とかできないかと、色々やってみましたが、TV_TopViewID が変わってしまうので、恐らくフォルダータイプ(HKLMの方)を書き換えるのではないかと思いますが、Bag 値と違って、システムに不具合が出る可能性があるので保留中です。

色々やってみて(失敗したw)という結果の一部です。

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FolderTypes は変更しないで、Bag値から強制的に自動整列をOFFに。


ピクチャ ライブラリを開いて

DisAutArng3

移動すると…
DisAutArng4

合体します。

プとかいわれました。

フォルダーなら大丈夫です。

もっと簡単でスマートな方法があるかもしれませんが、Windows 7 の情報が少なくて苦戦しています。

とはいえデフォルトの状態よりかなり快適です。

2010年10月13日水曜日

レジストリのアドレスにジャンプ

ウェブなどで紹介されているレジストリのカスタマイズを実行しようとしても、レジストリエディタでは、該当キーにたどり着くのが大変です。

お気に入りのエディタを使っている場合でも、BLOG等に載せるのに汎用性を持たせRegeditの画面を使いたいという人も多いと思います。

Regeditにはアドレスバーが無い上に、パスも渡せないので、どんな深い階層も上からたどっていく必要があり使いにくいです。
それをカバーしてしまおうという、フリーウェアを2つご紹介します。

Registry Jumper レジストリキーにジャンプできます。
RegEditX 3.0 Regeditにアドレスバーを追加します。

2010年10月8日金曜日

アクセス権をTrustedInstallerに戻すには

レジストリを編集するため一時的にキーの所有者をTrustedInstallerから変更したが、その後、変更の一覧に表示されず追加もできないので元に戻せない場合。

他のユーザーまたはグループ から ユーザー または グループの選択を開き

TrustedInstallerではなく NT SERVICE\TrustedInstallerを追加します。

同じようにフォルダーの所有者も設定できます。

2010年10月7日木曜日

レジストリキーの(既定)を空にするには

データを書き込んだ既定値を元のブランクの状態に戻す方法です。

カスタマイズで既定を編集したが元に戻したい。

reg blank1

値のデータを消してみたけど何か違和感が…

reg blank2

既定値のデータを削除するには(既定)を右クリックして、メニューから削除します。

既定値は、削除されません。

reg blank3

下の図がブランクの状態です。
reg blank4

2010年10月5日火曜日

Regファイルの既定の動作を変更する

Regファイルのダブルクリック時の動作を編集に変更にする方法です。

HKCR\regfile\shellを開き、(既定)edit と入力します。

HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell

Regファイルを実行すると、メモ帳で編集できます。
レジストリの登録は右クリックメニューからできます。

レジストリを結合
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CLASSES_ROOT\regfile\shell]
@="edit"

(既定)を元の(値の設定なし)に戻すには、右クリックから削除を選択します

2010年10月1日金曜日

Regファイルに省略形は使えない

省略(短縮)形とは、以下のような定義済キーを短く表現した物です。

HKEY_CURRENT_USER
HKEY_USERS
HKEY_LOCAL_MACHINE
HKEY_CLASSES_ROOT
HKCU
HKU
HKLM
HKCR

たとえば
HKEY_CLASSES_ROOT\.avi\OpenWithListは、以下のようにも表現できます。

HKCR\.avi\OpenWithList

ところが、以下のようなRegファイルは無効です。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKCR\.avi\OpenWithList]

[-HKCR\.wmv\OpenWithList]

このRegファイルを実行すると、どうなるかというと、HKCRというキーが作成される訳ではなく無視されます。-の構文(キー削除)も無視されます。つまり、全く何もしません。

できると思い込んでいましたので、あらためて XP ,Vista ,7 で確認しましたが、やはり登録できませんでした。

とはいえ、Regedit 以外のレジストリ エディタはだいたい省略形をサポートしていますし、長いレジストリキーを短く表現できるので、Blogなどの文章に載せるには、とても有用だと思います。