2011年1月29日土曜日

2011年1月27日木曜日

その他のFolderDescriptions

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FolderDescriptions

Category1 (21)

shell:MyComputerFolder
コンピューター
shell:SyncSetupFolder
同期センター\同期のセットアップ
shell:SearchHomeFolder
検索結果
shell:SyncResultsFolder
同期センター\同期結果
shell:SyncCenterFolder
同期センター
shell:ConflictFolder
同期センター\競合
shell:InternetFolder
Windows Internet Explorer
shell:HomeGroupFolder
ホームグループ
shell:ConnectionsFolder
ネットワーク接続
shell:PrintersFolder
プリンター
shell:ControlPanelFolder
すべてのコントロール パネル項目
shell:MAPIFolder
-
shell:UsersLibrariesFolder
ライブラリ フォルダー
shell:AppUpdatesFolder
インストールされた更新プログラム
shell:RecycleBinFolder
ごみ箱
shell:Games
ゲーム
shell:NetworkPlacesFolder
ネットワーク
shell:AddNewProgramsFolder
プログラムの取得
shell:ChangeRemoveProgramsFolder
プログラムと機能
shell:CSCFolder
-
shell:UsersFilesFolder
ユーザーフォルダー

2011年1月21日金曜日

移動可能なフォルダーが階層構造の場合の動作

下のフォルダーは場所タブから移動可能ですが階層構造になっています。

Quick Launch
Quick Launch\User Pinned
Quick Launch\User Pinned\ImplicitAppShortcuts

「中のファイルを移動」にした場合
Quick Launch を移動すると、User Pinned ,ImplicitAppShortcuts も移動されますが、レジストリに場所が登録されるのは、Quick Launch フォルダーのみになります。
下層のフォルダーは場所を指定しない限り親フォルダーに従います。

下層のフォルダーは、親フォルダーが移動すると自動的に書き換わります。

移動先の階層構造は元と同じにしてもいいし、しなくてもよく、自由に配置できます。 D:\

「中のファイルを移動」にしなかった場合
Quick Launch は移動しますが、残りのフォルダーはその場にとどまります。ややこしいので、よほどの理由がない限り「中のファイルを移動」を選択した方がいいと思います。

簡単なのは普通のフォルダーの操作のように、エクスプローラーから移動すれば場所を変更できます。
最近使った項目(History)等は、場所タブが表示されませんが、この方法で移動可能です。

アイコンが変わってしまったり、なんだか判らなくなってしまった場合は、とにかく標準に戻すボタンを押せば元に戻ります。標準に戻す

2011年1月20日木曜日

Windows 7で移動可能なフォルダー 3

Windows7で移動可能なフォルダー一覧 (Public)


全てのユーザー共通のフォルダー (Category3) 22種類
%ProgramData%\Microsoft\Windows\DeviceMetadataStore
%ProgramData%\Microsoft\Windows\GameExplorer
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Ringtones
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Templates
%ProgramData%\OEM Links
%PUBLIC%\Desktop
%PUBLIC%\Documents
%PUBLIC%\Downloads
%PUBLIC%\Libraries
%PUBLIC%\Libraries\RecordedTV.library-ms
%PUBLIC%\Music
%PUBLIC%\Music\Sample Music
%PUBLIC%\Music\Sample Playlists
%PUBLIC%\Pictures
%PUBLIC%\Pictures\Sample Pictures
%PUBLIC%\Videos
%PUBLIC%\Videos\Sample Videos
%ProgramFiles%\Windows Sidebar\Gadgets

録画一覧。shellコマンドでは開けませんでした。

%ProgramData% は、C:\ProgramData です。
%PUBLIC% は、C:\Users\Public です。

2011年1月18日火曜日

Windows 7で移動可能なフォルダー 2

Windows7で移動可能なフォルダー一覧 (Personal)

ユーザーごとのフォルダー (Category4) 43種類

%USERPROFILE%\Contacts
%USERPROFILE%\Desktop
%USERPROFILE%\Documents
%USERPROFILE%\Downloads
%USERPROFILE%\Favorites
%USERPROFILE%\Links
%USERPROFILE%\Music
%USERPROFILE%\Music\Playlists
%USERPROFILE%\Pictures
%USERPROFILE%\Pictures\Slide Shows
%USERPROFILE%\Saved Games
%USERPROFILE%\Searches
%USERPROFILE%\Videos
%USERPROFILE%\AppData\Local
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows Photo Gallery\Original Images
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Burn\Burn
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\GameExplorer
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\History
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Ringtones
%USERPROFILE%\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files
%USERPROFILE%\AppData\Local\Programs
%USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\Common
%USERPROFILE%\AppData\LocalLow
%USERPROFILE%\AppData\Roaming
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\ImplicitAppShortcuts
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Cookies
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Libraries
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Libraries\Documents.library-ms
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Libraries\Music.library-ms
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Libraries\Pictures.library-ms
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Libraries\Videos.library-ms
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Network Shortcuts
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Printer Shortcuts
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Recent
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\SendTo
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Templates

ライブラリを移動すると、アクセスできなくなる可能性があります!
レジストリキー(User Shell Folders)の該当する値を削除後、再起動、「既定のライブラリを復元する」で標準に戻せますが、移動しないでください!


WMPで再生リストを作成すると作られます。
Windows Live Photo Gallery の元の写真フォルダー
ライブラリ。フォルダーのように扱われています。

%USERPROFILE% は、C:\Users\ユーザー名 です。

2011年1月16日日曜日

Windows 7で移動可能なフォルダー 1

マイドキュメントなどのフォルダーは保存先を変更できます。リダイレクトともいわれ、プロパティで場所タブが表示されるものが移動可能です。

Users

場所の設定は2つのレジストリキー以下に保存されます。

Personal のキー
HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Folders
HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders

Public のキー
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Shell Folders
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\User Shell Folders


Shell Folders キーには、!Do not use this registry key とレジストリにコメントが入れてありますが、「これからは、User Shell Folders キーを使ってください」ということのようです。

Windows 7 では、これらのキーに記載のあるフォルダー以外にも移動できるフォルダーがたくさんあります。それらを移動した場合は上記のキーに追加で登録されます。

たとえば、アドレス帳 の場所を変更すると

アドレス帳のターゲットフォルダー

キーに値が追加されます。

{56784854-C6CB-462B-8169-88E350ACB882}

このフォルダーを標準に戻しても値は削除されずに、デフォルト値へ戻ります。

{56784854-C6CB-462B-8169-88E350ACB882}

本題ですが、Windows 7 では、どのフォルダーが移動可能なのか、検索してみても判らなかったので、独自に調べてみました。

2011年1月12日水曜日

サムネイルのキャッシュを移動

Windows7のサムネイルのキャッシュをシンボリックリンクを使い移動してみます。
個人的に好奇心でやってみた結果のレポートです。

キャッシュは以下のフォルダーに収められています。
%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer

1. %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\ExplorerD:\Explorer (本体を置きたい場所) にコピー。

2. 後で実行するコマンドを予めメモ帳に記述しておきます。

例.txt

del /s %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer

mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_32.db" "D:\Explorer\thumbcache_32.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_96.db" "D:\Explorer\thumbcache_96.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_256.db" "D:\Explorer\thumbcache_256.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_1024.db" "D:\Explorer\thumbcache_1024.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_idx.db" "D:\Explorer\thumbcache_idx.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_sr.db" "D:\Explorer\thumbcache_sr.db"

3. タスクマネージャーを開き explorer.exe を全て停止します。プロセスの終了
4. メニューのファイルから「新しいタスクの実行」 cmdCMD

5. メモ帳に記載しておいたコマンドを一行ずつ貼り付けて実行します。

Explorerフォルダーの中のファイルを削除
del /s %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer クリックで拡大します
リンクを作成
mklink %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_32.db D:\Explorer\thumbcache_32.db 
……クリックで拡大します

6. 0バイトのリンクができました。 Explorer フォルダー

7. 「新しいタスクの実行」から、explorer を実行します。

2011年1月8日土曜日

シンボリックリンクで失敗

イベントログの移動でシンボリックリンクを作成したときの失敗です。

リンクを作成したまでは良かったのですが、再起動して確認してみると、Windows Event Log サービス が起動していません。


開始をクリックすると
ローカル コンピューター の Windows Event Log サービスを開始できません。

エラー 5: アクセスが拒否されました。
となります。

調べてみると、ある程度は事例が見つかりましたが、解決方法までは、たどり着けませんでした。

色々やってみた結果、次の方法で元に戻りました。

%SystemRoot%\System32\Winevt\Logsのシンボリックリンクを削除。

その後、自動で作られる
%SystemRoot%\System32\Winevt\Logsフォルダーを削除。

再起動。

エラーの原因は、おそらく、Logs フォルダー を移動にした為、中のログファイル(evtx)にアクセス権が無かったのではないかと思います。 その失敗を踏まえて前回はいったんLogsフォルダーを削除しています。

これは、たまたま直ったという例ですので、わぁるどわいどでの検索用に、英文でのエラーメッセージを残しておきます。

Windows could not start the Windows Event Log Service on local computer.

Error 5: Access is denied

原因究明に必死だったため、Snapshot を撮る余裕がありませんでしたw

2011年1月7日金曜日

イベントログの場所を変更する

Windows7のイベントログの保管先は、イベントビューアーから変更できますが、その数が130にも昇り、とても手動では設定できません。

そこで、シンボリックリンクを使い、ログを別ドライブに移動してみました。

操作が難しいので、あまり人には勧められませんが、一応、のべ3台のWindowsで動作を確認しました。

  1. Windows の起動時にF8キーを連打してセーフモードで起動します。

    セーフモードで起動
  2. Windows Event Log サービス(eventlog)を手動と停止にします。

    Windows Event Log サービス
  3. %SystemRoot%\System32\Winevt\Logsフォルダーを削除します。

    Windows Event Log フォルダーを削除 「アクセスの拒否」と出た場合、以下のコマンドで消せる場合があります。

    del %SystemRoot%\System32\Winevt\Logs


    「プロセスが使用中」の場合は、Process Explorer などでタスクを特定できます。
    また、Windows Event Log サービス が勝手に開始されている場合もありますので、再び停止します。
  4. D:\Logs (本体を置きたい場所)、フォルダーを作ります。
  5. コマンドプロンプトを起動して、

    mklink /d %SystemRoot%\System32\Winevt\Logs D:\Logs

  6. リンクを作成して、ログを別ドライブに移動できました。 Symbolic Link
  7. Windows Event Log サービス(eventlog)を自動と開始にします。

2011年1月2日日曜日

Office連携ツール for ATOK アップデートモジュールの統合

DVDからATOKEXTフォルダーをCドライブにコピー

at23extup1.exe を Cドライブにコピー

ファイル名を指定して実行
"C:\at23extup1.exe" /c /t:"C:\at23extup1" /qat23extup1フォルダー
アップデートを統合
msiexec.exe /a "C:\ATOKEXT\at23ext.msi" /update "C:\at23extup1\atextup1.msp" /qn+Office連携ツール for ATOKのセットアップが正常に終了しました。
C:\ATOKEXT\at23ext.msi を実行すると Office連携ツール をインストールできます。

ATOK 2011 が、もうすぐ(2011年02月10日)発売されますね。
今度のATOKは、入力ミスも修正してくれるそうです。打キーがヘッタッピな 私にはありがたい機能かも。
あとJUSTオンラインアップデートとInstallShieldをなんとかしてくれないかな。(^。^)

ATOK 2010 for Windows アップデートモジュールの統合

ATOK2010 をインストールする際に、先にアップデートを統合しておくと、ファイルやレジストリを少なくできます。

ATOK2010のアップデート

ATOK 2010用郵便番号辞書

ATOK 2010 for Windows アップデートモジュール

の統合と、インストール後にWindows UpdateMicrosoft XML コア サービス 4.0 Service Pack 2 の更新KB954430KB973688 が現れるので、これも統合してみます。

64bitのWindows の場合、ATOK2009では、x64のモジュールを追加でインストールしましたが、ATOK2010では完全に独立したようで、32bitの場合はATOK23x86.msi 64bitはATOK23x64.msi を実行するだけで良いようです。

自分は64bitですので、ATOK23x64.msi に統合してみました。

2011年1月1日土曜日

2011年 あけまして おめでとうございます

去年は、このブログに来てくれる人が増えて嬉しかったです。

今年も、面白いネタを探していきたいと思います。


ネタ的に悪い結果のが面白いので、あまり良い結果が出ない近所の神社に行って、おみくじをひいてきました。
daikichi
運命とは皮肉なものです。