2013年6月30日日曜日

Picasaから元画像を取得する


Picasaウェブアルバムから原寸大の画像のリンクを取得する方法。

元のサイズの画像のリンクが以下のような場合。
https://lh5.googleusercontent.com/-kbhBHRi1GDg/Uc-PmiP_y0I/AAAAAAAAGpg/dZJyg-LSUhM/s800/picasa-web_2.png

URLのs800以下の部分を削除すると、原寸大の画像へのリンクになります。
https://lh5.googleusercontent.com/-kbhBHRi1GDg/Uc-PmiP_y0I/AAAAAAAAGpg/dZJyg-LSUhM/

513px以上の画像は、s0まで必要なようです。
https://lh5.googleusercontent.com/-kbhBHRi1GDg/Uc-PmiP_y0I/AAAAAAAAGpg/dZJyg-LSUhM/s0

ところが、この画像は原寸大ではあっても、元画像ではありません。

ファイル サイズが異なっています。


最近、Bloggerに表示している画像のファイル サイズが妙に大きいことに気がつきました。
このブログの画像は、説明の補助としての役割が大きいため、あまり綺麗に見せる必要がなく、極力ファイルサイズを小さくしてきましたので、10KBを超えるような画像はまれで目立ちます。

決定的だったのは、今しがた公開した記事の、7KBの画像が、14KBになっていました。

Picasa web album から、確認すると、すべて14KBの画像へのリンクになっていましたので、この時点で、Bloggerの仕様や設定とは関係がないことが判りました。


元画像はどこへいっていってしまったのか?

調べた限りでは、元画像は、画像を一枚々々表示して、メニューの写真をダウンロードからのみできました。ただし、Exifなどのメタデータについては不明なのと、この画像へのリンクは取得できませんでした。

2013年08月09日 : 現在、ダウンロードボタンからも、元の画像を取得できなくなっています。

アルバムはPicasa にダウンロードという項目が選択できないながら存在するので、Picasaをインストールしていれば可能かもしれません。

過去に投稿した記事の画像は、アップロードしたのと同じになっていましたので、これについては一安心です。

さらに詳しく調べて、アーカイブしていた画像と比較してみると、今年の4月には、元の画像のままで、それを境に5月には大きいサイズになっていました。

エディタやアップローダーなど、こちらの環境は長い間変わっていませんし、Google+に参加したのも、G+開始と同時のため、ずいぶん前。
今のところ、Picasaの仕様が変更された。というのが一番可能性が高いと思っています。


今後、どうすべきか。


Picasaは元々画像をホスティングするには、使いにくかったし、G+写真にすると、さらに使いにくいので、別のホスティングサービスを使うというのも手で、実際に探していましたが…。


捨てる神あれば拾う神あり

同じGoogleのサービスの中で、大きくパワーアップされていて、替わりになりそうなものを見つけました。

それ自体は、よく使っていたのですが、その機能については、あまり、追求していなかったので今まで気がつきませんでした。


例え原因が分かっても、そちらに移行するかもしれません。


を、追加しました。

2013年7月28日 日曜日
再検証して、間違っていた記述を修正しました。