2013年7月11日木曜日

Googleのパスワードを何がなんでも変更しない方法

不審なアクティビティが検出された際に、パスワードの変更を強制されることがあります。

Google アカウントで不審なアクティビティが検出されました。このアカウントを引き続き使用する場合は、新しいパスワードを作成してください。

We've detected suspicious activity on your Google Account. Please create a new password to continue using your account.

いやだ!


このアカウントで使用したことのないパスワードを選択してください。

ことわる。

はっきり言って、かなり頭にきてます! 海外の方もメッチャお怒りになっておられます。
google.com 検索 - Force to change my password google

…とは言え、ログインしていても再設定するまで、主要なサービスは利用できません。

にっちもさっちもいかなくなり、一時はパスワードを変更してしまおうかと弱気になりました。

いや違う……。

不審なアクセスがあったならともかく、なにもないのになぜ、愛着があり、絶対に忘れないパスワードを変更しなければならないのか!?

パスワードを変更したら負けだ!!

覚悟を決め、調べに調べ、抜け道を1ヶ所のみ発見しました

今回は再設定用のメール アドレスを設定してあった場合です。
パスワード強制変更の状態では、再設定用のメール アドレスは追加できませんができます。


ログインしていない状態で、Google アカウント再設定へいきます。
パスワードがわからないを選択し、メールアドレスを入力して続行。

パスワード アシスタンスから、予備のメールに再設定の手順を送信します。

Google Account Recovery (no-reply@accounts.google.com)から予備のアドレスへメールが来るので、本文からリンク先へとびます。

パスワードを再設定の画面から、今まで使用していたパスワードを入力します。


パスワードの再設定が完了しました。

今まで通りのパスワードでログインできます!!!

ちなみに、最近のアクティビティに心当たりがあると回答しても、Googleに送信されるだけで、自分のアカウントには全く影響ありません。(何度も試しました)