2014年6月26日木曜日

2014年6月25日水曜日

2014年6月19日木曜日

2014年6月18日水曜日

ウィンドウの色とデザイン

Windows XPにあった、アイコンの大きさやフォントを変更できるウィンドウの色とデザインツールはWindows 7でも利用できます。

Windows7のウィンドウの色とデザインの場所

コントロールパネルの個人設定

ウィンドウの色

デザインの詳細設定…

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\個人設定\ウィンドウの色とデザイン

2014年6月13日金曜日

インライン要素に、word-break: break-all; が効かない

レンダリングエンジンがBlinkのみ有効で、それ以外はbreak-allが効いていません。

青文字が<span style="word-break: break-all;">

Dragon (Blink)

Firefox (Gecko)

Internet Explorer (Trident)

Opera 最強伝説 12.16 (Presto)

Trident,GeckoBlinkのどちらが正しいのか、つたない知識で考えてみたのですが、 <span>等のインライン的要素は、つらつらと流れていくだけなので、それ自身には範囲とか幅は存在しない。範囲を決めているのはそれを覆っている箱なので、解釈としてはTridentやGeckoが正しいのではないかと思います。

ただ、ありがたかったのは、Blink。結局インラインに指定して期待通りに表示させることができなかったからです。

2014年6月12日木曜日

Windowsのシェルメニューで参照される代表的なレジストリ一覧表

Windowsの右クリックメニューのShellShellexをカスタマイズするときに、ファイルやフォルダーは、レジストリのどのキーが対象になっているのかをページにまとめてみました。
HKEY_CLASSES_ROOTの、AllFilesystemObjects ,Directory ,Driveなど代表的なキーの煩雑な関係についてのものです。

レジストリ 特殊なShell Objects

実際に代表的なシェルにメニューを追加して、どこで、そのメニューが表示されるかで判断しました。
よく知られているキーについても、あらためて調べてみると、ナビゲーション ペインやライブラリなど意外なところに影響を与えているのを知ることができました。

実は、このブログは自分でもよく見ていて、ローカルの検証データの中から探すより速いし、手元のデータは、ところどころメモが乱雑に書き込んであったり、ほぼ同じ内容のテキストがあったりして、どれが結論かもわからないカオス状態ですが、ブログは一応まとめてあるので、それよりは見やすい。
そのため、主に自分用のチートシートとして作成しましたが、公開するのにデータだけでは良くないかなと、若干の説明と絵を追加しました。

2014年6月4日水曜日

デスクトップのシェルメニューをサブメニューにする

Windowsの右クリックメニューをカスケード表示し1つにまとめる方法です。 デスクトップを例にしますが、ほかのシェルメニューにも応用できます。

cascade desktop menu

デスクトップとフォルダーの背景にメニューが出ます。

HKEY_CURRENT_USERを使うため、アクセス権の変更は不要。 レジストリのExtendedSubCommandsKeyを応用して、至って簡単にカスタマイズできます。