2007年6月3日日曜日

TCPの同時接続試行数の制限値を変更する 2

自分の環境は Windows XP x64

TCPIP.SYS 5.2.3790.3959
768,000 bytes
md5:c013e7f14fd378a16f5b7a4b5a7050e9

http://www.lvllord.de/のパッチは、TCPIP.SYS 5.1.2600.2892 用で以前バックアップしていたものは、359,808 bytes

かなりファイルサイズが違いますし、基本的にパッチはバージョンが異なると無理なので、調べていくとエラーでパッチがあたらないという報告を何件か見つけました。

そもそも、32bit と 64bit のファイル自体が違うかもしれません。

それで、もう少し検索してみると、http://www.sephiroth-j.de で、64bit XP の TCP の同時接続試行数の制限値をはずしたファイル TCPIP.SYS 5.2.3790.3959 を公開してくれていました。

きれいなサイト構成で、直感で問題ないと思いましたが、知らないサイトのファイルということで、注意深くインストールしてみました。

http://www.sephiroth-j.deからDOWNLOADSDIVERSESからtcpip.sys_XPx64_5.2.3790.3959_patched.7z をダウンロードして解凍します。

(50) のようにカッコの数字が同時接続可能数で、末尾が .sys の中から自分が望む同時接続のものを選んで TCPIP.SYS にファイルネームを変更してデスクトップに移動します。

末尾が.sy_のはインストール CD 用です。

Windows を再起動してセーフモードで立ち上げます。

OS の起動時に [F8] キーを連打、マルチブートの場合は、OS を選択してから [F8] キーを連打するとセーフモードで立ち上げることができます。

C:\WINDOWS\system32\drivers にある TCPIP.SYS をバックアップして、先ほどの TCPIP.SYS と交換します。

Windows ファイル保護のダイアログが出た場合はキャンセルして無視します。


…これら認識されていないファイルバージョンを使用しますか?にはいを選択して再起動します。
うちでは出なかったので、そのまま再起動しました。

それで、完了ですが、自分なりに検証してみました。

ウイルスチェック → 問題なし
TCP接続(ホームページ閲覧) → 問題なし
パケットモニタ  → 不審なパケットは見あたりませんでした。
タスクマネージャ  → 不審なタスクは有りませんでした。

たぶん大丈夫だと思いますが、肝心の同時接続数が増えたかどうかは、確認の仕方がわからず検証できませんでした。

2007年6月2日土曜日

TCPの同時接続試行数の制限値を変更する 1

Windoes XP SP2 では TCP の同時接続試行数が 10 に制限されています。Windoes XP SP2 と Windows Server 2003 SP1 から導入されたもので、他の Windows 95/98/ME/2000/XP の SP1 では制限されていないようです。

その制限値を増やす、もしくは取り払うことにしましたが、残念ながらレジストリから制限解除することはできません。

方法は
http://www.lvllord.de/にあるパッチでドライバの TCPIP.SYS を変更する。
http://research.eeye.com/html/tools/にある BIOT をインストールする。
という方法が有名です。

どちらも使わせていただいた事があるのですが、BIOT だとシステム起動のたびに起動しなければなりませんし、レジストリもかなり汚されてしまいます。個人的にはパッチのほうがスマートでおすすめです。システムファイルを変えるのは危険なので、いじりたくない場合は BIOT がいいと思います。