2008年2月28日木曜日

VistaのエクスプローラにXPの定番メニューを付ける

最近インストールしたままで手つかずだった、Visvaをいじっています。XPを再インストールしたときは、必ずシェルメニューに少し機能を追加します。

  1. コマンドプロンプトで開く
  2. ファイル名・ファイルのパスをコピー
  3. 新しいフォルダで開く
  4. lnkfileに "リンク先のフォルダを開く"
  5. 名前の変更で拡張子を除いた部分を選択

レジストリを追加するだけのものと、小さなソフトを組み合わせるものがありますが、どれも定番なのに何故か標準では付いてこない機能です。手間が掛かりますが、そのままだと不便なので仕方なくVistaにも設定してみることにしました。

まず 1の「コマンドプロンプトで開く」 です。

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CMD]
@="コマンドプロンプト(&P)"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\CMD\command]
@="cmd.exe /K CD %1"

定番のものは、.regファイルで保存していますが、Vistaは初めてなので、確認のため該当箇所へジャンプしてみたところ、なにやら先客が…。

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmd]
@="@shell32.dll,-8506"
"Extended"=""
"NoWorkingDirectory"=""

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\cmd\command]
@="cmd.exe /s /k pushd \"%V\""


分からない値と、妙なスィッチがついていますが、これは紛れもなく「コマンドプロンプトで開く」!!しかし、フォルダを右クリックしてもやっぱりメニューがでないので、調べてみましたら一瞬で分かりました。


Shift and Right-Click


と、でっかく書いてあります。

言われたとおり、Shift を 押しながら右クリックしたらでました×2
「コマンドウィンドウをここで開く(&W)」

しかも、よく見ると、真ん中あたりに2の
「パスとしてコピー(&A)」
まであります。"(ダブルクォーテーション)で囲んだ形でコピーできました。

3の「新しいフォルダで開く」 は、「エクスプローラ」があるので、さほど必要ではありませんが一応、追加しておきました。

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\opennew]
@="新しいフォルダで開く"

[HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\shell\opennew\command]
@="explorer %1"

4も「ファイルの場所を開く(&I)」が、リンクファイルのメニューにすでに存在し、
5の「名前の変更で拡張子を除いた部分を選択」もデフォルトでそういう仕様に変わっていました。

「いや-Vistaはすごい  ……のかな?」

2008年2月16日土曜日

説得できる英文Eメール200の鉄則

ATOK 2008 を導入しましたが、相変わらず『説得できる英文Eメール200の鉄則』を認識してくれないので、これを機会に詳しく調べてみました。

2008から設定はファイルではなくレジストリに登録されるようになったようです。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Justsystem\ATOK\21.0\Common\Templatesキーに、"文書1"="2,ATOKES.DES" があります。その下に同じように "文書2"="2,N_EIBUN.DES" と書き込んだところ、ようやく認識してくれました。"文書2"は REG_SZ(文字列値)で全て全角です。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Justsystem\ATOK\21.0\Common\Templates]
"文書2"="2,N_EIBUN.DES"

ATOK 2007 は、たしか設定ファイルでしたので、USER.AEN を Notepadで開いて、[定型文書]を検索、文書2=2,N_EIBUN.DES と書き込めばいいはずです。(うろ覚え)

ATOK 2008 は、使い始めたばかりで、これから色々と試してみたいと思うのですが、当面一番困ってるのは、設定が消えてしまうことです。全部消えてしまうのではなく、辞書・学習タブの設定だけとか、部分的にデフォルトに戻ってしまいます。もう何度も設定し直しましたが、FAQにも載っていないし自分の環境だけかもしれないので、しばらく様子見です。