2010年11月3日水曜日

システム属性の付け方

レジストリの最適化後に、突然ユーザーフォルダーにNTUSER.DATというファイルが現れる場合があります。

現在の属性 attrib A
元々の属性 attrib HSAI

システム、隠し、非インデックス属性が外れているので追加してやります。

ユーザーフォルダーをShiftを押しながら右クリックしてコマンドウィンドウをここで開く

コマンドウィンドウをここで開く

attrib +s +h +i ntuser.dat

attrib +s +h +i ntuser.dat

元に戻りました。attrib HSAI

+S がシステム属性を付ける。
+H が隠しファイル属性を付ける。
+I が非インデックス対象ファイル属性を付ける。になります。



I属性とは?
@IT さん に説明がありました。
元々あった属性ですが、Windows Vista のエクスプローラーから明示的に表示されるようになったのだそうです。

Windows 7 では、N属性は最初の図のようにエクスプローラーでもI属性と表示されています。

今回のレジストリの最適化にはNTREGOPTを使いましたが、他のツールでもVista以降頃から必ずシステム属性が外れてしまいます。なぜなのでしょうね?

もう一つ!
Windows7の詳細表示の設定項目が多すぎ!!探すのが大変!

ちなみに並び順は、
数字 → 英字 → 平仮名=カタカナ → 漢字
みたいです。