2010年10月16日土曜日

Windows7でファイルの自動整列を無効にする2

以前のファイルの自動整列を無効にする方法を少し改良して、フォルダータイプのテンプレートを必要最小限の設定にしました。

あくまで個人的に使用している設定です。

特に自分はShellキーから削除していますが、Shell\Bags キーを削除するのが一般的です。

The Winhelponline Blog さんが、設定用Regファイルを公開してくれているので、実際にカスタマイズする場合はそちらがいいと思います。

現在のフォルダーの表示設定(大きさや並び順)は削除されます。

disable auto arrange.reg

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced]
"FullRowSelect"=dword:00000000

[-HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell]

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell]
"FolderType"="NotSpecified"
"KnownFolderDerivedFolderType"="{57807898-8C4F-4462-BB63-71042380B109}"
"SniffedFolderType"="Generic"

; Generic Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{5C4F28B5-F869-4E84-8E60-F11DB97C5CC7}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Documents Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{7D49D726-3C21-4F05-99AA-FDC2C9474656}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Pictures Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{B3690E58-E961-423B-B687-386EBFD83239}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Music Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{94D6DDCC-4A68-4175-A374-BD584A510B78}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001

; Videos Folder Template

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shell\Bags\AllFolders\Shell\{5FA96407-7E77-483C-AC93-691D05850DE8}]
"FFLAGS"=dword:43000000
"Mode"=dword:00000001


FFLAGS 値の説明

AUTOARRANGE 自動整列ON
SNAPTOGRID

等差間に整列 (未サポートになっていますが動作します)

FULLROWSELECT 詳細表示で全ての列を選択FullRowSelect
NOCOLUMNHEADER カラムを表示しない
NOHEADERINALLVIEWS 詳細表示のみカラムを表示
EXTENDEDTILES 拡張メニューを表示DisAutArng

FullRowSelect はここで無効にしないと、フォルダーフラグが立ってしまう (Fflags = 0x43200000) ので一緒に設定にしてあります。

"FolderType"="NotSpecified" で自動フォルダタイプを無効にしています。

Bag 値をいったん削除しないと、新しいフォルダーを開いても自動整列がデフォルト (Fflags = 0x43000001) になってしまいます。

Mode 値の説明

Mode 値がないと、(fflags = 0x43000011) になってしまいますので、mode = 1 でアイコン表示にしてあります。

Logicalviewmode 値は、mode 値で自動的に設定される(逆は否)ので省きました。

ColInfo 値でカラムに表示される内容を設定できますがデフォルトにしてあります。

ライブラリを何とかできないかと、色々やってみましたが、TV_TopViewID が変わってしまうので、おそらくフォルダータイプ (HKLM) を書き換えるのではないかと思いますが、Bag 値と違って、システムに不具合が出る可能性があるので保留中です。

色々やってみて(失敗したw)という結果の一部です。

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FolderTypes は変更しないで、Bag 値から強制的に自動整列を OFF。

ピクチャ ライブラリを開いて

DisAutArng3

移動すると…
DisAutArng4

合体します。

プとかいわれました。

フォルダーなら大丈夫です。

もっと簡単でスマートな方法があるかもしれませんが、Windows 7 の情報が少なくて苦戦しています。

とはいえデフォルトの状態よりかなり快適です。