2013年11月1日金曜日

Picasaの高速化

Picasaでの画像ホスティングの高速化
Picasa web Albumsから得られるリンクは、SSLでの接続になっています。
一般的には、通常の接続より遅くなるはずですので、調べてみました。

画像をBloggerに貼り付けて、http と httpsの速さをfirebugで比較。
80が通常の接続で、443がSSLです。
4.png = 3KB, 500.jpg =500KB, 3000.jpg = 3000KB
3MBのグラフは比較に影響がないように縮尺してあります。

1回目

2回目

3回目


明らかに httpのが速く、これをもって結論にしたいところですが、1ページに6枚全ての画像を貼り付けたため、貼り付け順やレンダリング順、サーバーへの接続数などの影響を受けた可能性を考慮して、次は、http接続のページとhttpsのページを分けて測定してみました。

ブログ用に一目瞭然の結果画像を載せたくて何度も測定していたら


表になりました。

なるべく近い時間で測定していますが、ページが異なるので横の並びはあまり意味がありません。

3000kB (s)
80443
1回目4.64.21
2回目2.763.34
3回目3.063.92
平均3.473.82
500kB (ms)
80443
1回目9151900
2回目4761590
3回目6081900
平均666.331796.66
3kB (ms)
80443
1回目1071180
2回目1221220
3回目1231460
平均117.331286.66

わずかな差のものと大きいものがありますが、はっきりと、http のが速いです。

ホスティングする画像に普通はSSLで接続する必要はないので、公式のリンクの https://からsを抜いて http://にするだけですので手間もかかりません。
プロトコルの部分の https: を丸々省いて貼り付ければソースも短くなります。

ただし独自ドメインでBloggerをhttpsで運営している場合は、一部のみ安全でない接続になります。

今回の測定は、すべて、/s0原寸大の画像へのリンクを使いました。
Picasaから得られるリンクはサムネイルだと思われ、サーバー側で加工されて送られてきます。
その生成過程でも、影響があるはずなので、機会があれば調べてみたいと思います。