2012年10月8日月曜日

Firefoxのメニューが読めない

Firefoxのアドオンには日本語化されていないものも結構あって、ところどころ英語になっていても余り気にしませんが、なぜか最近とても使いにくい。

Firefoxのメニューが読めない

あらためて見てみると、すべてロシア語になっているのに気がつく。←

原因は、Quick Locate Switcherのユーザーインタフェースの設定。
これは、コンテンツの言語設定と違い、Firefoxの言語を変更するものです。
Quick Locate Switcher
使用後はオフにしましたし、確認してもオフになっています。
メニューの表示などは徐々に変更されていったため、気づくのが遅くなりました。


設定からは戻せないので、Configuration Maniaabout:config を使います。

インターフェイス → 国際化 → アプリケーションのロケールを、ja-JPに戻す。
Configuration Maniaから日本語に戻す

general.useragent.locale を、ja-JPに戻す。 URLをabout:configにして、general.useragent.localeを探す

ロシア語に似ていたので速断しましたが、uk-UAなのでウクライナ語ですね。
uk-UAはウクライナ語

ロシア文字とキリル文字は違うらしいです。すこし勉強になりました。

おそらくバグではないかと思いますが、通常はユーザー インターフェイスの言語を変更したりしない為、まだ知られていないのかもしれません。

Quick Locale Switcher はweb用の言語設定を素早く切り替えることができるアドオンで、強制的にリダイレクトされる多言語のサイトの元のページを見るためなどに使っています。

とても丁寧に作り込んである印象で、お気に入りのアドオンの1つです。

ユーザインタフェースや Web コンテンツ用の言語設定を、すばやく変更できるQuick Locale Switcher