2010年7月11日日曜日

特定の拡張子のみ64bitのWMPで再生する

自分の環境ではFLVは64ビット版のWindows Media Playerでしか再生できません。

通常、Windows7ではWMP(x64)に関連付けしようとしても、WMP(x86)に関連付けされてしまいます。

デフォルトのPlayerを64bit版に変更することはできるのですが、今度はWMP(x86)でしか再生できないファイルが困ったことになります。

あまりコーデックは入れたくないので、FLVのみWMP(x64)に関連付けてみました。


1. いったんFLVをWMPに関連付けします。

FLVのサンプル
既定のプログラムの選択
2. HKCR\.flv (既定)flv_auto_file になっていると思いますので、HKCR\flv_auto_file に飛びます。
(既定)com.adobe.flv になっている場合は、HKCR\com.adobe.flv になります。

HKCR\flv_auto_file
3. HKCR\flv_auto_file\shell\play\command を開き、

(既定) "%ProgramFiles(x86)%\Windows Media Player\wmplayer.exe" /Play "%L"
を以下のように書き換えます。
(既定) "%ProgramFiles%\Windows Media Player\wmplayer.exe" /Play "%L"

HKCR\flv_auto_file\shell\play\command クリックで拡大します。

4. HKCR\flv_auto_file\shell\open\command も同様に書き換えます。
(実際には、playのみでも可能)

5. この時点で再生可能になっている場合があるので、FLVをダブルクリックして確認します。
タスクマネージャーで、wmplayer.exe と表示されていれば64bit版が、wmplayer.exe *32 なら32bit版が動作しています。

6. FLVファイルを右クリックして → プログラムから開く → 既定のプログラムの選択から
C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exe
を選択します。

7. FLVをダブルクリックしてWMP(x64)で再生できるか確認します。
WMVなどをダブルクリックしてWMP(x86)が起動するか確認します。

歌のお姉さんは絵が苦手.flv

- 感想 -
最初は、6までの手順を踏まないと関連付けできませんでした。
ところが、手順を確認するためバーチャルマシンで、1から順に追っていくと、5の時点でできてしまいました。

Windows 7 では、今までの関連付けが無効になっていたり、システムがキープしている部分もあり難しいです。XPまでの関連付けですら、バージョンごとの仕様がごちゃごちゃしていたのに、さらに複雑になった感じです。


参考にさせていただいたサイトさん

WMP(x64)をデフォルトに設定する方法が簡潔にまとめてあります。
Code:Gates.NET

関連付けについて詳しいです。
碧落 - Windows の関連づけ設定の仕組み