2013年6月18日火曜日

Outlookのリンクアカウントが廃止されます

数ヶ月内に、Outlook.comのリンク アカウント機能が無効になります。

Outlook Blog
… we will stop supporting linked accounts and instead help people move to a more robust and secure way of managing multiple email addresses: aliases.

数日中にメール及び、ログイン時のメッセージにより告知される模様です。



リンク アカウントとは、異なる、Microsoft アカウントをリンクさせ、1つにログインした状態で、他のアカウントに素早く切り替えることができる機能です。
Google アカウントのマルチ ログイン機能と同じです。

Microsoft アカウント から設定できます。

アクセス許可リンク アカウント



現在、すでにメッセージが表示され注意が促されています。
8月には、完全に使えなくなるようです。


リンクされたアカウントの追加
8 月にはリンク アカウントが利用できなくなるため、現時点でのアカウントのリンクはお勧めしません。
アカウントは変更されませんが、一方のアカウントからサインアウトして別のアカウントにサインインし直す、アカウントの切り替えが必要になります。

リンク アカウントは一時廃止され、ユーザーの要望により復活したという経緯があります。

過去に少し使用には用心が必要の旨の投稿しましたが、今も廃止には賛成です。


リンクは理解して使うのには、とても便利な機能なのですが、現在はカジュアルに使うユーザーが増えていて、機能がある限り使われてしまいます。

ブログの内容によると、リンクを使うユーザーのメインのアカウントは、しっかり管理されていたが、サブはほとんど管理されていなかったそうです。


もう一つは、リンク機能の廃止とは直接は繋がりませんが、現在、ソーシャルとの連携が広がっていて、さらに、そこからも他のアプリと連携が可能なのと、Microsoft アカウントで利用できるサービスが、金銭の授受を含め多岐にわたっているため、ハッキングされた際に被害が尋常でなくなる可能性もあります。損害につながる入り口は少しでも狭めておくべきだと思います。

まるっきり同じとはいきませんが、代わりとして、複数のブラウザで個々にログインする方法をお薦めします。 現在は、実行するだけで使用可能な、Portable版が、ほとんどのブラウザに用意されています。

Skydriveなら、共有フォルダを使うという方法もあります。

また、スクリプトで外側から仮想的にマルチログインするなら、さほど危険はないので、これも良いと思います。