2013年5月21日火曜日

Google翻訳のちょっと便利な使い方

Google翻訳

ニュースになった機会に、Google翻訳のこういう使い方は知ってるかな?
という知らないと損をするかもしれない機能のお話です。



ページを丸々翻訳

入力ボックスにURLをペーストすると、Webページを翻訳できます。
リンク先も翻訳されます。


ショートカットを画面にドロップする方法も可能です。

ファイル翻訳

入力欄下の「ドキュメントを翻訳」をクリックすると、パソコン上のファイルを選択できます。
結果はブラウザに表示されます。



ヘルプによるとPDF、TXT、DOC、PPT、XLS、RTFなどが翻訳可能らしいです。

アプリケーションから翻訳

Chromium の IronやDragonなら、翻訳ツールを使えます。

設定の母国語以外のページで翻訳ツールを表示する をチェック


ブラウザの上辺に翻訳ツールが現れます。

Firefoxのアドオン

Flagfoxならロケーションバーからページを翻訳できます。

HTTPSのページは翻訳できないので、その場合、https:// を削除するか、sを抜くと翻訳できることがあります。

Add to Search Bar で検索ツールに追加して、Context Searchと組み合わせて使うと右クリックから選択文字列を翻訳できます。

その他にもアドオンなら色々な方法があると思います。

日本語への翻訳品質は、何となく雰囲気をつかめるかもしれないレベルですが、非常に多くの言語に対応していて、何語かも判らない文章まで自動翻訳してくれます。言語の壁を越えて展開するインターネットの利用において、大変助かります。