2012年12月2日日曜日

Librarianをシェルに統合

ライブラリのアイコンから素早くLibrarianを開けるように、右クリックメニューに追加してみました。

ライブラリのメニューにしか出ないので邪魔になりませんし、内部的にLibraryFolderは限定的な場所にしか効果がなく、ほとんど使い道がなかったので、実にピッタリしたカスタマイズになりました。

直接ライブラリの編集画面にはならずLibrarianを開くだけなのが惜しいところですが、それでもかなり便利でお勧めです。

カスタマイズはレジストリを追加するのみで元々のシステムの設定などは変更しません。その追加したレジストリを削除すれば元に戻ります。


1. レジストリキーを作成します。

HKCU\Software\Classes\LibraryFolder\shell\Librarian\command

元に戻す時の為にHKCUに元々どこまでのキーが存在するのか確認しておきます。

2. Librarian キーを選択。

(既定)をアイコンの変更(&I)にします。
Icon (文字列値)を作成して、値のデータに、librarian.exeのフルパスを入力。
NeverDefault (文字列値)を追加します。

IconはLibrarianのアイコンセットを指定しても良いですし、省略もできます。

3. command キーを選択。(既定)にlibrarian.exeのフルパスを入力します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LibraryFolder\shell\Librarian]
@="アイコンの変更(&I)"
"Icon"="\"D:\\Librarian\\Windows 7\\librarian.exe\""
"NeverDefault"=""

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LibraryFolder\shell\Librarian\command]
@="\"D:\\Librarian\\Windows 7\\librarian.exe\""