2012年11月19日月曜日

Context Search 派生アドオン色々

Context Searchは選択文字列を右クリックから検索できるアドオンです。
Chromium用もあるらしいですが、ここではFirefox用についてのものです。

使い込むうちに気になってきたのは、サブメニューからしか検索できないので半手間くらい増えるのと、できれば、検索エンジンの表示を選択したい。というもの。

更新は止まっているので、似たようなアドオンを探していると、Context Searchの機能を拡張したものがいくつか見つかり、目に付いたものから試して見ました。

結論を先に書いてしまうと、しっくりくるものがなかったのですが、同じように探して時間を無駄にしないため、又、その理由なら自分はO.Kというケースもありますので、なぜ駄目だったのか理由も併せて載せておきたいと思います。


Context Search RG

(再起動不用)- download

既定の検索をサブメニューを使用せず検索が可能。
Organize Search Engines のフォルダーを認識。
Menu Editor をインストールしていると動作しない。

Context Search RG 1.1

Menu Editorは不用なメニュー項目を非表示にしたり並び順を変更できるもので、自分にとっては必須に近いアドオンです。
両者を天秤に架けた結果、やはりこれは必要と判断しました。Menu Editorに代わるものがあれば良いのですが…。

Context Search X

- download

既定の検索をサブメニューを使用せず検索が可能。
右クリックメニューの検索サイトを非表示にできる。
Organize Search Engine をインストールすると設定メニューが出なくなるのと、そのフォルダーを認識しない。


Context Search X  0.4.6.9
表示方法は、かなり詳細に設定できます。
Context Search X
Organize Search Engineを使い、検索サイトをたくさんフォルダーに分けて登録していますが、実際に使っているのは99%特定の一部の検索のみなので、他の検索はお気に入りに移動してしまうというのも考えました。
しかしOrganize Search Engineにはパラメータの変更など、検索を簡単に編集できる機能もあるのを考慮して、使用を断念しました。ただContext Search Xの開発は続いているので、検索編集の機能を付けてくれるのを密かに期待。Menu Editorの影響はありませんでした。

Yet Another Context Search

(再起動不用) - download

既定の検索をサブメニューを使用せず検索が可能。
Organize Search Engines のフォルダーを認識しない。

Yet Another Context Search 10
Organize Search Engines の検索編集の機能は使えます。設定項目はなし。Menu Editorの影響はありませんでした。

以上3つのアドオンのみ試して見ました。こうして見ると、むしろ、Organize Search Engineに代わるアドオンを探した方が早いかもしれません。
Context Search X は、かなり魅力的で、まだ迷っています。