2011年1月12日水曜日

サムネイルのキャッシュを移動

Windows7のサムネイルのキャッシュをシンボリックリンクを使い移動してみます。
個人的に好奇心でやってみた結果のレポートです。

キャッシュは以下のフォルダーに収められています。
%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer

1. %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\ExplorerD:\Explorer (本体を置きたい場所) にコピー。

2. 後で実行するコマンドを予めメモ帳に記述しておきます。

例.txt

del /s %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer

mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_32.db" "D:\Explorer\thumbcache_32.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_96.db" "D:\Explorer\thumbcache_96.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_256.db" "D:\Explorer\thumbcache_256.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_1024.db" "D:\Explorer\thumbcache_1024.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_idx.db" "D:\Explorer\thumbcache_idx.db"
mklink "%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_sr.db" "D:\Explorer\thumbcache_sr.db"

3. タスクマネージャーを開き explorer.exe を全て停止します。プロセスの終了
4. メニューのファイルから「新しいタスクの実行」 cmdCMD

5. メモ帳に記載しておいたコマンドを一行ずつ貼り付けて実行します。

Explorerフォルダーの中のファイルを削除
del /s %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer クリックで拡大します
リンクを作成
mklink %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer\thumbcache_32.db D:\Explorer\thumbcache_32.db 
……クリックで拡大します

6. 0バイトのリンクができました。 Explorer フォルダー

7. 「新しいタスクの実行」から、explorer を実行します。



%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Windows\Explorer フォルダーが消せない

初めは、フォルダーのリンクを作成すれば簡単だと思っていましたが、Explorerフォルダーを削除するのが意外に難関で、自分の知識(メモリー8バイト)では消せませんでした。

サムネイルキャッシュを無効、explorerの停止、セーフモードで起動などをやってみましたが、「使用中」になっています。Process Explorer で確認しても、どこからも使われておらず、お手上げでした。「バグなのでは?」という情報も見つかりましたが、実際のところは不明です。

あと、キャッシュを無効にしても、.db ファイルが作成されました。アイコンキャッシュは別にありますし、これも不明です。ほかで使われているのかもしれません。

具体的にエラーや不具合が出ているというわけではないですが、ちょっとやめておいた方がいいような感じがします。