2010年7月17日土曜日

Windows7のネットワーク接続を簡単に操作する 2

直接 Local Area Connection を開く方法です。リンクと同じですが、こちらはタスクバーに表示することができます。


1. HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkCards\8
ServiceName 値を開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\NetworkCards\8
2.
explorer.exe ::{7007ACC7-3202-11D1-AAD2-00805FC1270E}\::ServiceNameの値のデータ
へのショートカットを作成します。

a. デスクトップを右クリック → 新規作成 → ショートカット

b. 場所を入力
explorer.exe ::{7007ACC7-3202-11D1-AAD2-00805FC1270E}\::{ABFBD97C-1E40-4B5B-ABB1-4D920B8A9D3C}
c. 名前を入力 → 完了 Local Area Connection 
d. ショートカットのプロパティからアイコンを変更 %SystemRoot%\system32\SHELL32.dll 
3. ショートカットを右クリックしてタスクバーに表示するタスクバーに表示する
4.ショートカットは、仮のファイルなので、削除したり再利用のために保管しておいてもO.Kです。 Local Area Connection 2_5
5. タスクバーに表示されました。Icon on the taskbar
6. ワンクリックで Local Area Connection が開きます。Local Area Connectionの状態
現在はこの方法で使用しています。

explorer.exe ::{208D2C60-3AEA-1069-A2D7-08002B30309D}にするとネットワーク (WORKGROUP)

explorer.exe ::{7007ACC7-3202-11D1-AAD2-00805FC1270E}にすると ネットワーク接続が開きます。


ところで、前の投稿のLocal Area Connection のショートカットを作成するとリンク先が、{BA126ADB-2166-11D1-B1D0-00805FC1270E}になります。


explorer.exe ::{BA126ADB-2166-11D1-B1D0-00805FC1270E}
explorer.exe url.dll,FileProtocolHandler Shell:::{BA126ADB-2166-11D1-B1D0-00805FC1270E} 

など色々試してみたのですが、どうやっても使えませんでした。