2014年7月5日土曜日

……おや!? AddThis の ようすが……!

ソーシャルボタンをまとめてサイトに設置できるAddThisサービスの仕様が先日大幅に変更されました。(2014/06/10)

AddThis

ウィジットで機能を選択して、サイトに貼るコードは、おおよそ同一になり、設定は、AddThisのプロファイルと結びつけられ、そこで細かい制御ができるようになりました。

今回の方式のが、より自然で理解しやすいです。 以前にもプロファイルはあったものの、結局コードを編集するので、あまりプロファイルの意味はありませんでした。現に、自分はプロファイルは一つのみで使い回していました。

今回の変更で、より簡単に誰でもシェアボタンを追加できるようになりましたが、反面プロファイルを管理するアカウントの取得が必要になりました。 アカウントを作成せずに、従来のHTMLコードのみでの利用も可能な模様ですが、ヘルプからコードを探す必要があります。

新しいユーザーはJavascriptの知識も不要で簡単にウィジットを追加できるのでいいのですが、問題は今までにHTMLに埋め込んだコードがどうなるかということ


現在、問題がないなら新しいウィジットは選択しない方が良いと思います。
(でも普通クリックしちゃいますよね?)


ウィジットを有効にした瞬間に新しいモードへ移行するようです。

Nonsubject(このブログ)のテンプレートは変更せず、AddThis側のウィジットを有効にしただけで、初めの表示だけ、お薦めの投稿と、Followレイヤーが表示されるようになりました。 これらの機能は、コードには含めていませんがプロファイルの変更で反映されました。

では無効にすれば良いと思われるかもしれませんが、上述のように他のサイトでも同じプロファイルを使用していて、そちらは逆に本来表示されるべきシェアボタンが表示されなくなってしまったのです。

以前のコードの編集によるものは、有効なもの、無効なもの、動作が異なるものなど色々で訳が分からない状態なので、もう一度今のウィジットによる方法へ1から設定したいと思います。

BloggerのようなCMSを直すのは簡単ですけど、対処に困るのが、サイトのHTMLに直接書き込んだコードで、「どーすんの、これ?」状態。

あと、サイト側の一部のページにNonsubjectの人気の投稿を埋め込んでいたのですが、ウィジットにはその機能がないのでどうしたらいいのかわからない。一応以前のコードによるものは動作していますが、これからプロファイルを分割するのでおかしくなるのは明白です。

ということで仕様の変更は分かりやすくなり歓迎したい反面、ちょっと困っている状態です。

AddThisは、利用者も多く有名なサービスでサイトも一見きれいなのですが、ヘルプがわかりにくく、アニメーションによりページの表示が遅いなど、個人的にはあまり洗練されていないイメージがあります。 個々の機能でいうと、Recommendなどで使用される画像はOGPから取得するので、72pxの画像しか取得できないBloggerとは、あまり相性が良くないです。

ShareThisAddToAnyなど同様なサービスも以前から気になっていましたので、そちらも検討したいと思っています。