2014年6月19日木曜日

ウィンドウの色とデザインに素早くアクセスする4つの方法

ウィンドウの色とデザインを、ファイル名を指定して実行スタートメニュータスクバーシェルメニューから起動する方法です。

ファイル名を指定して実行

Control colorまたはdesk.cpl ,5

ファイル名を指定して実行に、control colorと入力

ショートカットを作成

初めにウィンドウの色とデザインのショートカットを作成しておきます

C:\Windows\System32\rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL desk.cpl,,5

  1. デスクトップを右クリック、新規作成ショートカット

    項目の場所

    rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL desk.cpl,,5

    rundll32.exeにはパスが通っていますのでフルパスは不要です。

  2. ショートカットの名前を入力

    ウィンドウの色とデザイン

  3. アイコンの変更

    これもパスが通っていますのでファイル名のみで有効。desk.cplと入力して、一旦、アイコン画面をクリックして更新。 アイコンを選択して決定。

スタートメニューに追加

ショートカット アイコンを右クリック、スタートメニューに追加する

又はショートカットをスタートメニューフォルダーの任意の場所に配置

%APPDATA%\Microsoft\Windows\Start Menu
%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu

タスクバーに追加

ショートカット アイコンを右クリック、タスクバーに追加する
ショートカットは削除可能です。

デスクトップの右クリックメニューに追加

デスクトップの右クリックメニューに、ウィンドウの色とデザインを追加
  1. レジストリのキーを作成

    HKCU\Software\Classes\DesktopBackground\Shell\color\command

  2. commandキーを開き(既定)Control colorにします。

  3. colorキーを開き (既定)@desk.cpl,-1245にします。 Icon文字列値を作成。値のデータをdesk.cpl,-100にします。 Position文字列値を作成。値のデータをBottomにする。
  4. @%systemroot%\system32\desk.cpl,-1245のように%の環境変数を使用する場合は、展開可能な文字列値(REG_EXPAND_SZ)にします。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\DesktopBackground\Shell\color]
@="@desk.cpl,-1245"
"icon"="desk.cpl,-100"
"Position"="Bottom"

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\DesktopBackground\Shell\color\command]
@="Control color"
デスクトップのシェルメニューをサブメニューにするでサブメニューにしていて追加する場合は、colorキーにLegacyDisable(文字列値)を追加します。