2013年7月6日土曜日

Googleアラートの代わりにBing Newsはいかが

Google アラートの代わりには、素直にGoogle newsのRSSが良いとは思いますが、Bing Newsは、使えないかと、調べてみました。

http://www.bing.com/news?q=Microsoft&format=RSS&mkt=ja-JP



基本は、format=RSS パラメータを付けるだけです。

http://www.bing.com/news?q=検索語&format=RSS


複数の検索語は+でつなぎます。

Microsoftとgoogleの単語を含むニュースを検索。
http://www.bing.com/news?q=Microsoft+google&format=RSS


これだけだと、うまく表示されないパターンをいくつか見つけたので、対策をします。

ブラウザでは、日本語の記事が表示されても、RSSリーダーで、英語の記事になってしまう場合があります。

パラメータをつけて明確に日本のBingを検索します。

mkt=ja-JP


検索語が日本語の場合や先頭に"no"の文字がある場合など、正しく表示されないときが、あります。

検索語はUTF-8にエンコードしておきます。

Web便利ツール さん などでエンコードできます。

マイクロソフト → %e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88

通常のbing検索のRSSは、検索結果と同じになるため、取得しても、あまり意味がありません。
http://bing.com/search?q=Microsoft&format=rss

ブラウザからBing Newsを閲覧するには、Bingから、何も入力せずにニュースをクリックすると、最新のニュースを閲覧できます。


そこから、カテゴリーごとのニュースが取得できます。


右側にRSSのリンクもあります。

ここまで調べておいてなんですが、このBing NewsのRSSは使っていません。

同じ内容の記事が何度でも配信されてきます。これは特定のワードに限らず、公式のRSSフィードでも同じです。

更新間隔を空けたり、何かしらのパラメータで回避可能かもしれませんが、ワード検索のニュースの精度が低く、Bingの情報が極めて少ないのもあって、これ以上調べても、あまりメリットがないと感じました。