2012年6月12日火曜日

Picasa3のキャッシュを移動

google picasa 3

Picasa3のキャッシュファイルの保存場所を変更する方法です。

前にが、今回はレジストリから変更します。

本来の場所の %LOCALAPPDATA%\Google\Picasa2 とPicasa2Albums を変更することになりますので、キャッシュ以外に、データベース、ログ、TEMPファイルなども移動されます。


ディレクトリの構造は図のようになります。

%LOCALAPPDATA%\Google\Picasa2\とPicasa2Albums
Picasa 3.9 Build 136.04 を使用しました。

レジストリのキーを開きます。
HKCU\Software\Google\Picasa\Picasa2\Preferences

AppLocalDataPath (文字列値)を作成。
値のデータを希望するパスに変更します。

AppLocalDataPath

パスの最後に\(パス区切り記号)が必要です。

これでできあがりですので、Picasa3を起動して確認します。

何もない場所を指定した場合は、初期設定のダイアログがでて、再度キャッシュが作成されます。

Picasaの初回起動の画面


元のフォルダを移動して指定した場合は、以前のキャッシュがそのまま使えます。

移動する場合は、%LOCALAPPDATA%\Google の Picasa2Picasa2Albumsフォルダーを、指定したフォルダー\Google フォルダーに移動します。


正確には、AppLocalDataPathはキャッシュの場所ではなく、Picasa3から見た %LOCALAPPDATA% のパスになります。

デフォルトの状態では、システムの %LOCALAPPDATA% = C:\Users\ユーザー名\AppData\Local が参照されます。