2012年6月1日金曜日

Google Earth を別のドライブにインストール

指定した場所\Google\Google Earth にインストールされます。

Google Earth を別のドライブにインストール

ほとんどのWindowsで問題ないと思いますが、一時的にパスをを変更する際に、常駐のアプリケーション等がここを参照して不具合が起こる可能性もゼロとは言い切れませんので、参考程度でお願いします。

64ビットのWindowsでの方法になりますが、32ビットでも後述する変更で大丈夫だと思います。

スタンドアロン インストーラーの GoogleEarthWin.exe を使います。

念のため、開いているアプリケーションを終了します。

HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion

ProgramFilesDir (x86) の値をバックアップ。

値のデータを希望するパスに変更します。

ProgramFilesDir (x86) を変更 GoogleEarthWin.exe を実行してインストールします。
GoogleEarthWin.exe 6.2.2.6613
インストール完了後バックアップした内容を元に戻します。
デフォルトのデータは、C:\Program Files (x86) です。

デフォルトは、C:\Program Files (x86) です。

インストールさえ完了すれば、アンインストール情報などは、絶対パスで登録されていますので正しく動作します。

32ビットのWindowsは未確認ですが、以下の場所になると思います。

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion
ProgramFilesDir=C:\Program Files

Google Earth の インストーラーの選択
(説明が抜けていますが、ダウンロードページで「詳細設定」をクリックするとオプションのメニューがでます)