2010年11月13日土曜日

タスクの削除とレストア 1

Windows 7 のタスク スケジューラ の使い方で戸惑ったところです。

コンピューター → 管理 → タスク スケジューラ 又は、Taskschd.mscをファイル名を指定して実行 で起動します。

スケジュールされたタスクは、タスク スケジューラを選択すると真ん中ペインに見ることができます。

タスク スケジューラ アクティブなタスク

実行中のタスクは、右ペインか右クリックメニューから確認できます。

実行中のタスク
WindowsやDefrag というのはタスクではなくフォルダーになっています。
中にタスクが入っていて。真ん中のペインで確認できます。
タスク フォルダー

いきなりアイテムを右クリックしても正しいメニューが出ません。
左クリックで確実に選択してから右クリックします。


バックアップ
フォルダーごとや複数のタスクを一度にバックアップできないので、タスクを1つ右クリックしてエクスポートします。
Defrag の場合バックアップファイルはScheduledDefrag.xml になっていると思います。
これを保管しておくのですが、Defrag というフォルダを作成してその中に入れておくのがいいと思います
タスクのエクスポート

停止と削除
タスクの右クリックメニューからできます。
フォルダーごと削除する場合は、タスクが入っていると削除できませんので、中身を空にしてから実行します。めんどくさい

レストア
フォルダーを右クリックしてタスクのインポートで元に戻せるのですが、xmlには場所が記載されているにもかかわらず選択したフォルダーの直下にレストアされてしまいます。
そのため、フォルダーを作成、選択して、インポートします。

タスクのインポート


フォルダーを1つ1つ開かないとタスクを確認できないのが難儀です。
あまり使わないのでいいですが、システムの管理をされている方は大変かもしれないですね。