2010年10月8日金曜日

アクセス権をTrustedInstallerに戻すには

レジストリを編集するため一時的にキーの所有者をTrustedInstallerから変更したが、その後、変更の一覧に表示されず追加もできないので元に戻せない場合。

他のユーザーまたはグループ から ユーザー または グループの選択を開き

TrustedInstallerではなく NT SERVICE\TrustedInstallerを追加します。

同じようにフォルダーの所有者も設定できます。


TrustedInstallerが所有権を持っているレジストリは信頼して許可したもの以外は変更して欲しくないキーですので、よほどの上級者でない限り変更しないほうがいいです。(実際にはXPで自由に変更できたキーもあり、知識があればそんなに危険ではないです。)

TrustedInstallerの所有権の変更が必要なWindowsのカスタマイズをよく見かけます。
確かにHKEY_LOCAL_MACHINEしか参照されない機能もあることはありますが、そのほとんどは、HKEY_CURRENT_USERに設定する事で所有者の変更は不要です。

たとえば、ナビゲーションウィンドウの項目を非表示にする方法デスクトップのシェルメニューをサブメニューにする方法は、HKCUに設定して所有権の変更なしで簡単にカスタマイズを実現しています。

レジストリ HKCRとHKCU ,HKLM の関係