2007年12月22日土曜日

WinRAR

ZIPとかLZHみたいに、ファイルを圧縮するソフトで、アーカイバともいわれます。
アーカイバとは、いくつかのファイルを1つにまとめるソフトのことですが、今は、アーカイバ=圧縮ソフトでOKみたいです。(違うものもあります)

.rarという拡張子がつきます。.rarというファイルを解凍するだけなら、Vectorなどにある、フリーソフトでできますが、.rarで圧縮するには必ずこれがいります。

有料なのですが、圧縮率や圧縮スピード、その他の付随機能が優れていて、新規Windowsインストール時に必ずいれています。

いいソフトなので、少しだけ普及に協力するつもりで、初めてインストールしたときに、よく判らなかった所を書きたいと思います。

インストール時に解りにくいメニュー

インストーラを起動すると、まず、インストール先を選べるのですが、表示がちっちゃくていつも見逃しそうになります。よく判らなければ、そのまま下のInstallボタンでOKです。
そのあと初期セットアップ画面がでます。あとから設定で変更きるので、OKでもいいです。

WinRAR に関連付け
表示してある、拡張子をダブルクリックしたときに、WinRARで開くかどうかという設定です。ZIP,CAB,LZH,あたりはWindows標準で操作できるので、これは、お好みです。あとから関連付を解除すれば、Windows標準のものに戻ります。
私は他のソフトを使うので、チェックを外していますが、全部チェックしておいてもいいと思います。

シェル統合
「WinRARをシェルに統合する」というのは、右クリックメニューを出すか出さないかの設定です。上のWinRAR に関連付けしたしないに関わらず、ファイルを右クリックしたときに、サポートしているファイルには、「解凍と圧縮」のメニューが、サポートしていないファイルには、「圧縮」のメニューがでます。
他に圧縮ソフトを使っていないなら、絶対にチェックを入れておいた方が便利です。右クリックメニューが多すぎて、長くなってしまう場合は、「サブメニューにする」とスッキリします。それか、次の「コンテキストメニュー項目」を、減らすといいと思います。どのメニューが必要かは、使っていくうちに調節していけばよいです。

圧縮時に解りにくいメニュー


ボリューム分割
できあがる書庫を指定の大きさに分割します。プルダウンメニューになっていますが、こっそり数値を入力できたりします。ストレージサービスやメールサーバの転送制限にひっかかるときや、CD,DVD 1枚に収まらないといった特定の場合だけ使います。解凍するには、全部のファイルをそろえて合体させます。
普通は空欄のままでいいです。

自己解凍書庫を作成
.rarを解凍できるソフトを持っていなくても、ダブルクリックで解凍できる、*.exeという書庫を作成します。若干サイズが大きくなりますし、解凍できるフリーソフトも、多いので、個人や友人間でやりとりする分には、ほとんど使わないと思います。
不特定多数の人にRAR書庫を配布する場合によく使われています。

ソリッド書庫を作成
*.txtというファイルがたくさんある場合に、通常は1つ1つ圧縮しますが、チェックを入れると、*.txtのファイルを全部ひとまとめにして通常より高圧縮にします。同じ種類のファイルがたくさんある時に効果を発揮します。そのかわり、ファイルを1つ解凍したい時でも内部で全部解凍しますので時間がかかります。ONにしたりOFFにしたりしてますが、常にOFFでも問題ありません。

信頼証明を付加
誰が圧縮したか判るように、書庫に自分のRARのライセンスの名前を書き込みます。まず使いません。

リカバリレコードを付加
RARには壊れた書庫を修復できる機能が付いているのですが、さらにデータを加えて、修復できる確率をあげるものです。チェックを入れると、すぐ隣の「高度」タブの右上の、「リカバリーレコード」のところで数値を設定できるようになりますのでファイルの何%というかたちで指定できます。デフォルトが1%で通常は1~3%くらいを指定します。
RARのうりの一つですが、私はこの機能の恩恵を授かった事がありません。壊れたものは壊れてます。(--;)
大切なファイルは、おまじないで3%付けてます。

それより、自分が圧縮する場合で大切なファイルは、下の「圧縮したファイルをテスト」をチェックしたほうがいいと思います。
大切なファイルや大きいファイルの時に使っています。

と書くと、なにやら壊れやすそうですが、自分で圧縮したものでファイルが壊れたことは一度もありません、ファイルが壊れたとは、インターネット上のものや、比較的不安定な、Floppy や DVD メディア上で、ファイルが破損していた場合ということです。

その他にも機能や設定があって全部は把握できていないのですが、上に書いたあたりを押さえておけば、普通に使うには支障がないと思います。
パスワードやコメントを付ける機能はよく使いますね。

WinRAR in Japan