2007年5月23日水曜日

ATOKで電子辞典検索する

ATOK2007になって、IEの右クリックメニューから『ATOKで電子辞典検索する』が無くなりました。おかしいと思い、ATOKのFAQを調べたところ、Q: ホームページ上のことばを電子辞典で調べるIEのツールバーから起動するように仕様が変更になったようです。普段Sleipnirというブラウザを使っているのですが、Sleipnirに限らず、ほとんどのフリーのブラウザは、技術的に難しい、問題が発生しやすい等の理由でIEツールバーをサポートしていません。ですから実質IEからしか使えません。英単語を調べるのに、ちょこちょこ便利に使っていましたし、使い慣れたブラウザを変えるのは大変です。
そこで、IEの右クリックメニューに『ATOKで電子辞典検索する』を追加してみました。

Windows XP x64の場合
----------ここから----------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\ATOKで電子辞典検索する]
@="res://C:\\WINDOWS\\SysWOW64\\ATOKEXIF.DLL/AtokConsultDrmDic.htm"
"contexts"=dword:00000010
"Flags"=dword:00000000
----------ここまで----------
をNotepadに貼り付けてファイル→保存でコモンダイアログを開いて、ファイル名の欄にATOK64.regと入力して、一番下のエンコードの欄でUnicodeを選択してデスクトップ等に保存します。ブラウザが開いていたら閉じて、ATOK64.regをダブルクリックして実行すれば完了です。ATOK64.regは捨てて構いません。

Windows XPの場合
----------ここから----------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\ATOKで電子辞典検索する]
@="res://C:\\WINDOWS\\system32\\ATOKEXIF.DLL/AtokConsultDrmDic.htm"
"contexts"=dword:00000010
"Flags"=dword:00000000
----------ここまで----------
で大丈夫だと思いますが、こちらは確認していません

atokexif.dllを覗いてみたところ、他のコマンドもできそうでした。

ATOKでページ内の単語を学習する(&L)
"ATOKで電子辞典検索する" を " ATOKでページ内の単語を学習する(&L) " に変更。
"AtokConsultDrmDic.htm" を "AtokRegTextWords.htm" に変更。
""contexts"=dword:00000010"を ""Contexts"=dword:00000001" に変更。

ATOKへ単語を登録する(&J)
"ATOKで電子辞典検索する" を "ATOKへ単語を登録する(&J)" に変更。
"AtokConsultDrmDic.htm" を "AtokRegWord.htm" に変更。
""contexts"=dword:00000010" はそのままで。

ATOKへ省入力候補を追加する(&S)
"ATOKで電子辞典検索する" を "ATOKへ省入力候補を追加する(&S)" に変更。
"AtokConsultDrmDic.htm""をAtokRegisterAbbrevData.htm" に変更。
""contexts"=dword:00000010"を""Contexts"=dword:00000001" に変更。

で大丈夫だと思います。

全部まとめた場合のWindows XP での例

----------ここから----------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\ATOKでページ内の単語を学習する(&L)]
@="res://C:\\WINDOWS\\system32\\atokexif.dll/AtokRegTextWords.htm"
"Contexts"=dword:00000001
"Flags"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\ATOKで電子辞典検索する(&D)]
@="res://C:\\WINDOWS\\system32\\atokexif.dll/AtokConsultDrmDic.htm"
"Contexts"=dword:00000010
"Flags"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\ATOKへ単語を登録する(&J)]
@="res://C:\\WINDOWS\\system32\\atokexif.dll/AtokRegWord.htm"
"Contexts"=dword:00000010
"Flags"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\MenuExt\ATOKへ省入力候補を追加する(&S)]
@="res://C:\\WINDOWS\\system32\\atokexif.dll/AtokRegisterAbbrevData.htm"
"Contexts"=dword:00000001
"Flags"=dword:00000000
----------ここまで----------

をNotepadに貼り付けてファイル名を ATOK.reg として、Unicode で保存して実行します。
この例は確認していません。

"ATOKで電子辞典検索する(&D)" の"&"の後の文字(この場合 "D" )がショートカットキーになります。ショートカットキーを使わない場合は、(&D)の部分はいりません。
"Contexts"=dword:00000001 というのは、通常IEを右クリックしたときに表示されるという意味です。
"Contexts"=dword:00000010 というのは、テキストを選択した状態でIEを右クリックしたときに表示されるという意味です。

ついでに、JUSTオンラインアップデートの常駐を解除する方法です。
公式はこちらです。
うちの環境では、あとかたもなく無くなっていて、うろ覚えなのですが、おそらく
HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
から該当する値を削除すればO.K だったと思います。


ジャストシステムさんの製品は、ATOK2007 のほかに ラベルマイティ7 を使っているのですが、今回はどちらもなバージョンアップでした。たぶん変化をつけないと売れないからなのでしょうが、そんな事しなくてもATOKは良いソフトですよ。