2007年4月17日火曜日

Windowsのお掃除 - 1 -

SP2のバックアップファイルを削除する

SP2をインストール後、Cドライブを見てみると、13Gbytesもありました。
Hotfixをダイレクト統合したインストールCDを使い、インストール直後の容量は5Gbytes程度だったはず。プログラムやデータは別ドライブに保存しているので、Cドライブは、ほぼシステムのみ。
Vistaの導入も考えて、20Gbytesにパーティションを設定していたので、特に問題は無いのですが、あまりにも大きすぎます。
そこで、Windowsを見直してみることにしました。


SP2は[プログラムの追加と削除]から削除できるようにインストール時にバックアップを作成します。SP2をアンインストールすることなどほぼ無いので、まずは、これを削除することにしました。

バックアップファイルは
C:\WINDOWS\$NtServicePackUninstall$

にあります。フォルダオプションで【隠しフォルダを表示する】にチェックをいれると見ることができます。
なんと! 900Mbytesもあります。XPだと通常は200Mbytes位だそうです。 念のためフォルダごと圧縮してバックアップ、そして

削除!

続いて、[プログラムの追加と削除]に残る、アンインストール情報を削除します。

レジストリエディタから以下のキーを探してエクスポートしてバックアップ後、削除!

XPx64
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows x64 Service Pack

XPだと HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows XP Service Pack
2000だとHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows 2000 Service Pack
になると思います。

これで、約900Mbytesのダイエットに成功しました。