2023年7月16日日曜日

危険な機能カスタム スケーリング!これだけは使っちゃいけねぇ!

Windows のカスタム スケーリングとは、Windowsのディスプレイ設定で、表示される画面のサイズを変更する機能です。通常のスケーリング設定に加え、自分で数字を入力してスケーリングの割合を細かく調整することができます。

カスタム スケーリングの設定方法

カスタム スケーリングを設定するには、以下の手順に従います。

  1. デスクトップの右クリックメニューから「ディスプレイ設定」を選択します。

  2. 「拡大縮小とレイアウト」の設定に移動します。

  3. 「表示スケールの詳細設定」をクリックします。

    表示スケールの詳細設定

  4. 100% ~ 500%、1 % 単位でスケーリングの割合を入力します。

  5. 「適用」をクリックし、今すぐサインアウトします。

戻せない

再サインインしてみると巨大な画面が現れた ❗

拡大鏡のようなショートカットが効かないので、元に戻すには先の設定画面まで戻らなくてはならない🗯️しかし、ウィンドウが大きくて操作できず、カーソルの位置もずれてて焦りまくり。

これだけは使っちゃいけねぇ!!

カスタムスケーリングをリセットする方法

  1. 先ほどの「拡大縮小とレイアウト」の設定に移動します。

    ファイル名を指定して実行 WIN+R

    ms-settings:display

    ms-settings:display

  2. カスタムの拡大/縮小の設定を無効にして、サインアウトする

    カスタムの拡大/縮小の設定を無効にして、サインアウトする

この方法ならキーボードだけで到達可能。スペルも長くはなく覚えきれるはず。

カスタム スケーリングを修正する方法

  1. 1 つ先の「表示スケールの詳細設定」に直接移動。

    ファイル名を指定して実行

    ms-settings:display-advanced

    ms-settings:display-advanced

  2. カスタム スケーリングの入力欄へ 100~500 の値を再入力。

    「適用」をクリックし、今すぐサインアウトする

    100 は無効状態ではないので、上の手順でリセットする必要があります。

予防策

こんな重大な設定を簡単に変更できてしまうのが問題。

カスタム スケーリングの設定はグループポリシーから非表示にできます。

設定を変更できないようにしてしまいましょう。