2015年5月11日月曜日

SugarSync3.0のアンインストール

水口博也

SugarSync(シュガーシンク)日本の5GB無料プランは、2015年5月31日をもって終了する予定です。

以前にアンインストール後に残るSugarSyncのレジストリエントリの削除方法を紹介しました。残ったエントリの中でもアイコン オーバーレイの項目は、Windowsが表示できる数に制限を設けているため、現実に影響がでる可能性がありました。

該当記事は、バージョンも1.xのもので、現行は3.xのため、今回の件で、アンインストールするユーザーも多くなると思い、再度確認をしてみました。


確認に使用したのは、Windows用のVer.3.6.0.1.139445.20153004です。

SugarSyncSetup.exe 2015‎年‎5‎月‎1‎日 3:46:18

モニターして確認した結果…

きれい、さっぱりアンインストールされていました。

ShellIconOverlayIdentifiersの項目もきちんと削除されていて、プログラムと機能からアンインストール後は、なにもする必要ありません。

1つあげるとするとインストール時に以下のキーが追加されました。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Dropbox

なぜに、Dropbox?

Dropboxをインストール使用していないならキーは削除できます。

アプリケーションも少し触ってみたのですが、ユーザービリティの良い、とても洗練されたデザインになっていました。


SugarSyncの代わりとして、何が良いかなと考えてみたのですが、意外に難しい。というのも、SugarSyncは、最大で32GBあり同期以外にも使えるので、使い方はユーザーにより様々だと思われるから。

貯蔵型ならダントツでMEGAを推したいけれど、プレビューや編集、同期は向かないので、SugarSyncユーザーの使い方とは合致しないと思う。

同期なら、Dropboxですけど、容量が少なめなので、それと他のクラウドストレージと組み合わせるか。

プレビューやストリーミング再生なら、Google Driveあたりが向いています。

スペック的に最も似ていると思われるのは、Copy.comで初めから15GB使えます。次が、Zero-KnowledgeのSyncで、代わりとしては、この辺りが良いのではないでしょうか。