2014年3月9日日曜日

デスクトップの背景画像の基準位置をずらす

Windowsのデスクトップの壁紙の表示開始位置を変更する方法です。

デスクトップの背景を一部のみ表示する

常にアイコンを置く場所の背景を非表示にして見やすくしたりできます。


  1. レジストリ キーを作成します。

    HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Control Panel\Desktop

    HKCU\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Control Panel\Desktop
  2. Desktopキーに WallpaperOriginXWallpaperOriginY(文字列値)を作成します。

    Windows\Control Panel\Desktop WallpaperOriginX,WallpaperOriginY
  3. それぞれの値のデータがデスクトップ左上からの距離(px)になります。
    - (マイナス)の値も可能です。

  4. 再ログインします。

HKCU\Control Panel\Desktop にも同様の設定がありますが、dward値になっています。
記載したPolicyのWallpaperOriginXWallpaperOriginY文字列値でないと動作しません。
画像の配置が並べて表示以外のときに効果があります。


設定用のregファイルになります。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Control Panel\Desktop]
"WallpaperOriginX"="120"
"WallpaperOriginY"="20"

システム全体に適用するには、HKLMに設定します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Control Panel\Desktop]
"WallpaperOriginX"="120"
"WallpaperOriginY"="20"