2012年12月23日日曜日

「送る」メニュー項目を自作する

「送る」メニューの項目を手動で作成する方法

ドキュメント、デスクトップ (ショートカットを作成)、メール受信者、圧縮 (zip 形式) フォルダー、FAX 受信者

何もないところから、めも帳だけでショートカットを作成できます。

デスクトップ等に保存すると、desktop.iniに余計なデータが書き込まれる事があります。試す時は新しいフォルダーに保存して、終了後に削除するのが無難です。


ドキュメント

メモ帳を開き、なにも入力せずに、名前を付けて保存。

何も入力せずに保存
ファイル名をDocuments.mydocsにしてフォルダーに保存します。 Documents.mydocs
フォルダーに置いたままでも機能します。
Send to My documentマイ ドキュメントへ送る

英語の表記ですが、送るフォルダーへ移動すると、日本語表示になります。
日本語でドキュメント.mydocsと保存しても機能は同じです。拡張子が.mydocsならファイル名に依らず、マイ ドキュメントにコピーできます。
.mydocs の拡張子は見えないようになっています。

デスクトップ

ファイル名を、Desktop (create shortcut).DeskLinkにして保存します。
Desktop (create shortcut).DeskLink

メール受信者

先頭に、Mailとタイプ。
文頭にMailと入力
Mail Recipient.MAPIMailにして保存します。
Mail Recipient.MAPIMail

圧縮 (zip 形式) フォルダー

先頭に、Zipとタイプ
文頭にZipと入力
Compressed (zipped) Folder.ZFSendToTargetにして保存します。
Compressed (zipped) Folder.ZFSendToTarget

FAX 受信者

普通のショートカットになっています。動作は問題ありませんが、これだけ全く同じファイルにはできませんでした。
%windir%\system32\WFS.exe /SendTo へのショートカットを作成して、名前をFax Recipientにします。
%windir%\system32\WFS.exe /SendTo
作業フォルダー を空欄
コメント : ドキュメントを FAX として FAX 受信者に送信します。
アイコン : %windir%\system32\WFSR.dll
インデックス属性を外す。