2012年2月23日木曜日

KeePass がぁぁ~!!

KeePassのインターフェイス

KeePass 2.17 から 2.18 にアップデートしたら。このように!

KeePass2.18
@の後ろから日本語入力がONになり、未確定の状態。

とりあえず、2.17に戻して正常動作するようにしてから、バグレポートを見てみますと、2.17でこのバグがあったものを、2.18で修正したようなのですが、自分の環境では逆の状態になってしまいました。


KeePass というのはパスワードを管理するアプリケーションです。

メインで使用していますが、使いこなすまでに時間が掛かりましたし、やや本格的すぎるきらいがあり、前にずっと使用していた、ID Manager のほうが、オススメな気もしますが、慣れれば、良いアプリケーションだと思います。


KeePassでつまずきそうなところを1つだけ挙げてみます。

日本語入力をONにしていると、その状態で入力されてしまいますので、標準のキーシーケンスの前に日本語入力OFFを入れておくと良いです。

日本語入力OFFは、MS-IMEでもATOKでも標準ではキー割り当てされていません。
「無変換キー」に割り当ている方が多いようで、「なるほど」と真似をしました。

その後KeePassに設定するのですが、キーストロークに「無変換キー」はないので、バーチャルキーコードを設定します。
バーチャルキーコードはこちらのようなありがたいサイトさんで調べられます。

VKEY = 29 となっていますので、以下のようにします。

{VKEY 29}{USERNAME}{TAB}{PASSWORD}{ENTER}

日本語の環境の場合、こちらのが適していると思います。
グループの一番上のフォルダー(KeePass)に設定しておくと標準のキーシーケンスとして使えます。

{VKEY 29}{USERNAME}{TAB}{PASSWORD}{ENTER}