2009年5月18日月曜日

Google Earth 5 のキャッシュを移動

Google Earth 5.0(ベータ) では、レジストリからキャッシュファイルの場所を変更できそうなので、実際に試してみました。

デフォルトのキャッシュファイルの場所は、%USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\GoogleEarthです。

1. CachePathの値のデータを希望のパスに変更します

Registry Editor からキーを開き、
HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Google Earth Plus

CachePathをダブルクリックして、値のデータに、希望のパスを入力します。
(例 C:\GoogleEarth)



2. %USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\GoogleEarth フォルダを削除します。


結果、Google Earthは正常動作できました。
起動ごとにdbCache.dat のサイズが増えていますのでたぶん問題ないと思います。

CachePath の変更で移動できるのは、iconsフォルダ dbCache.dat, dbCache.dat.index ファイルです。
modelsフォルダ以下は、元の場所に再作成されました。

Google Earth 5.0 は、設定を変更できそうな箇所が増えており、前のバージョンより柔軟になったような気がします。
画像が、まろやかな色合いで、とてもきれいになっています。