2023年1月1日日曜日

📝パスとしてコピー を Shift キーなしで表示する

Windows 10 の右クリックメニューのおもてにパスのコピーを表示します。

Windows の機能をそのまま扱うので、Windows 7 でパスとしてコピーを前面に持ってくる方法よりスマートです。

次のレジストリデータを書き込みます。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes\AllFilesystemObjects\shell\Windows.copyaspath]
"CanonicalName"="{707C7BC6-685A-4A4D-A275-3966A5A3EFAA}"
"CommandStateHandler"="{3B1599F9-E00A-4BBF-AD3E-B3F99FA87779}"
"CommandStateSync"=""
"Description"="@shell32.dll,-30336"
"Icon"="imageres.dll,-5302"
"InvokeCommandOnSelection"=dword:00000001
"MUIVerb"="@shell32.dll,-30329"
"VerbHandler"="{f3d06e7c-1e45-4a26-847e-f9fcdee59be0}"
"VerbName"="copyaspath"

Windows.copyaspath {f3d06e7c-1e45-4a26-847e-f9fcdee59be0}

解説

このメニューはエクスプローラーのリボンで使用されている CommandStore からのコピーです。

クリップボード

HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CommandStore\shell\Windows.copyaspath

コピーできるレジストリエディターならそのまま貼り付けできます。

冒頭の画像は SeparatorAfter と SeparatorBefore で境界線を追加しています。

"SeparatorAfter"=""
"SeparatorBefore"=""

一部の機能で参照されている SeparatorBeforeAndAfter は効果なし。

メニューの出現場所は [Shift] + 右クリック と同じ AllFilesystemObjects に設定しています。

Windows.copyaspath.reg ダウンロード

元に戻す

デフォルトでは HKCU\SOFTWARE\Classes まで存在します。

他に設定がなければ HKCU\SOFTWARE\Classes\AllFilesystemObjects キーを削除します。

Windows Registry Editor Version 5.00

[-HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes\AllFilesystemObjects]